ワーキングドラフト

Working Draft

 規格やテクニカルレポートなどの技術文書を作成する際に、その作成途中に仕様をまとめて議論の対象とする。この、議論途上の暫定的な内容を持つ技術文書を、ワーキングドラフトという。

 W3Cにおいては、議論が出尽くして内容が固まると、そのまま勧告になるのではなく、勧告候補(Candidate Recommendation)という段階に入る。勧告候補に入る直前のワーキングドラフトは、特にラストコール(Last Call)と呼ばれる。

 W3Cでは標準化の作業として、「ノート(Note)」「ワーキングドラフト(Working Draft)」「勧告候補(Candidate Recommendation)」「勧告案(Proposed Recommendation)」を経て、最後に「勧告(Recommendation)」となる。

関連記事

関連用語

リンク

XML & SOA フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH