XPointer

XML Pointer Language

 XPointerは、XLinkと共に使用されるリンク言語である。XPointerの役割は、特定のXML文書の、特定の場所を指し示す構文を提供することである。ツリー上の特定の位置を指し示したり、特定のIDが記述された場所を指し示したり、さらに、そのような位置からの相対位置を指定することを可能にする。これにより、HTMLのように、あらかじめアンカーを設定しておく必要がなくなる。

 XPointerの中で、XSLTとの共通部分は、XPathという言語にまとめられ、標準化されている。

 2002年8月現在、XPointerはW3Cのワーキングドラフトである。

関連記事

関連用語

XPath
XLink
勧告候補
W3C
XML

リンク

XML & SOA フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH