bash(Bourne Again Shell)

バッシュ

 GNUプロジェクトで使用するために作成されたBourne Shell上位互換のシェル。Bourne Shellの派生型としては最も有名で、多くのUNIXシステムに搭載されている。また、Linuxでは標準のシェルとして採用されている。

 bash(Bourne Again Shell)は、1988年1月10日にBrian Foxが記述した最初の版が発表され、彼が1993年まで改良を続けた。後にChet Rameyが加わり、現在の公式管理者となっている。1996年12月23日、多くの新しい機能が取り込まれたbash-2.0がリリースされた。このバージョンでは、さまざまな標準への対応も強化されている。

 Bourne Shellの操作性は、後発のCシェルやkornシェルと比較するとかなり見劣りするものであったが、bashにはこれら後発シェルの優れた機能の多くが取り込まれている。Bourne Shellと互換性を保ちながら、Bourne Shellには実装されていないコマンドライン編集機能、ジョブ制御機能なども備えており、インタラクティブな操作性が非常に向上している。また、Bourne Shellに比べてオプションや変数が数多く用意されており、柔軟なカスタマイズが可能となっている。関数の定義や制御構造の追加、数値演算など数多くの拡張機能が追加されており、シェル・プログラミング環境も充実している。

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH