ブリッジ

MACブリッジ / Bridge

 OSI参照モデルのデータリンク層におけるデータ中継機器。MACブリッジとも呼ばれる。

 ブリッジは、転送されてきたパケットをメモリ上に保存してから、アドレステーブルに登録されたMACアドレスを参照し、送信先が接続されているポートのみにデータを転送する(この転送方式を、カット&フォワード方式という)。

 また、同一ポート内にあてた送信パケットをほかのポートには転送しない機能や、パケットのループを発生させないためのスパニングツリー機能なども搭載している(スパニングツリーで、スイッチが互いを識別するための値をブリッジIDと呼んだり、一番小さいブリッジIDを持つスイッチをルートブリッジと呼ぶのは、ブリッジで最初に実現していた機能だからである)。これにより、余計なポートへの転送を防ぐことができ、ネットワークパフォーマンスを向上することができる。

  さらに、物理層でデータを見ているため、異なるインターフェイスからのデータも意識せずに中継できるというメリットもある。なお、アドレステーブルに登録されていないあて先のパケットを受け取ると、受信ポート以外の全ポートにブロードキャストする。

 以前は上位ネットワーク層のIPアドレスを判断してパケットの転送を行っていたが、ルータやMACブリッジの登場により、現在の仕様に定着した。ちなみに、ブリッジの機能を集約してインテリジェント化したのが、スイッチングハブだ。

Master of IP Network フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH