IPv6

アイピーブイシックス / アイピーブイロク / Internet Protocol Version 6

 IPv4のアドレス空間の不足、移動通信やセキュリティ対策といった機能の不足に対応するために定義された新しいインターネットプロトコル。

 IPv4のアドレス長が32ビットであるのに対して、IPv6では4倍の128ビットとなり、提供されるアドレス空間はIPv4の2の96乗倍という広大さとなる。これは、事実上無限と考えてよい。そのほかにも、アドレスの集約化を容易にするために階層的にアドレスを割り当てるなど、アドレスアーキテクチャが変更されている。

 このほかの主な特徴は以下のとおり。

  • マルチキャストを標準技術として定義、ブロードキャストを廃止してマルチキャストの中の1サービスとした
  • ヘッダフォーマットの簡素化やパケットのフラグメント(分割)の廃止などによりパケット転送を高速化
  • リンク層とネットワーク層のアドレス解決のため、ARP機能をより一般化、高機能化した
  • IPsecを標準の機能とした
  • IP拡張ヘッダの形式を統一し、拡張性を高めた

関連記事

関連用語

リンク

Master of IP Network フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH