NAT

ナット / Network Address Translator

 NATは、ネットワークアドレス変換の1つで、プライベートIPアドレスをグローバルIPアドレスに変換すること。一般的にはIPアドレスだけを変換するベーシックNATを指すが、IPアドレスとポート番号をセットにして一緒に変換するNAPTとの混同も見られる。

 組織に対して望む数のグローバルアドレスを発行してもらえなかった場合、組織内ではプライベートアドレスを用い、インターネットに接続するときにグローバルアドレスに変換することがある。すべてのノードが一度にインターネットに接続するわけではないので、グローバルアドレスを再割り当てすることでアドレス資源の有効利用が図れる。

 ベーシックNATの基本的な動作は以下のとおり。

 組織内部のノードがインターネットへアクセスすると、ローカルIPアドレスからグローバルIPアドレスに向けてのパケットが発信される。NAT装置は、このパケットを補足し、発信元のローカルIPアドレスを空いているグローバルIPアドレスに変換する。この時、変換前のプライベートアドレスと変換後のグローバルアドレスの対応表(のようなもの)が作成され、以後のパケットも同様にアドレスが書き換えられる。

 インターネット側からのパケットは、NAT装置がグローバルアドレスからプライベートアドレスに書き換えて元のノードに送信する。アプリケーションがすべてのコネクションをクローズしたことを検出すると、アドレスの対応を解除し、アドレスプールへグローバルIPアドレスを返す。

関連記事

関連用語

リンク

Master of IP Network フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH