netstat

ネットスタット

 ホストのネットワーク接続状況や状態、TCP/IPやUDPなどのパケット統計などを調査するコマンド。

 netstatコマンドは、WindowsとLinux共に「netstat -a」コマンドを入力することで、ホストが現在接続が可能なネットワークすべてを表示できる。「-a」のパラメータを入力せずに実行すると、現在接続中(ESTABLISHED)のネットワークのみが表示される。

 「netstat -a」を実行すると、TCPやUDPなどの各プロトコルごとに、ホストのIPアドレスおよびサービス名、接続先のホスト名およびサービス名、現在の接続状況(State)などが表示される。StateがESTABLISHEDになっているものは、現在有効な接続である。

 注意したいのは、LISTENとなっているサービスだ。LISTENは、外部からの接続をポートを開放して待っている状態を示している。つまり、不正アクセスなどを受け入れる状態にあるということだ。netstatコマンドを実行し、LISTENの接続を特定することで、こうしたリスクを軽減することができる。

 このほか、「netstat -s」を実行すると、処理したIPパケットやICMPパケット、TCPパケットなどの統計値を調べることができる。例えば、MTUの設定が適切でないためにIPフラグメンテーションが頻発するネットワーク環境では、分割と再構成で発生したパケット数が高いはずだ。netstatコマンドで数値を確認し、高すぎる場合はネットワークパフォーマンスへの影響を考えて、MTUの設定を変更する。

Master of IP Network フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH