NTP

エヌティーピー / Network Time Protocol

 NTPは、コンピュータ端末内の内部時計を正確に維持するため、ネットワーク経由で時刻を調整するためのプロトコル。IETFにより、RFC1305で定義されている。

 複数のコンピュータで構成されるネットワーク環境において、内部時計を正確に同期させておくことは重要だ。例えば、定期的にバックアップを行う場合、コンピュータごとに時刻が異なればプログラムやサービスの開始時間に差異が生じ、正しいログを記録できなかったり、最悪の場合はプログラムの誤作動などが発生する恐れがある。

 こうした問題を回避するのがNTPで、最上位の階層に位置するStratum 1というNTPサーバを基準に、下位のNTPサーバが時刻を同期させながら、時刻の正確性を確保する。ISPなどがルートとなるNTPサーバを用意し、それに基づいて各企業などが同期をとったり、企業内にNTPサーバを複数配置してNTPサーバシステムの階層を構築するといった方法がある。

 なお、ネットワーク経由で時刻を同期させる場合、ネットワークトラフィックの状況などにより、時刻の情報が予定通り通信相手にたどり着かないこともある。こうした状況を想定し、NTPサーバは通信時間などから正確性を判断し、時刻同期の頻度を上げるなどで制度の維持を図る。

関連記事

関連用語

リンク

Master of IP Network フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH