SSL-VPN

エスエスエルブイピーエヌ

 SSL-VPNとは、SSL(Secure Sockets Layer)技術を使用したVPNソリューションのこと。VPN接続をする2点間をSSL暗号通信でつなぐ。ネットワーク機器の設定を変更したり、専用のソフトウェアを導入する必要がないため手軽にVPNを構築できる。

 一般的に、クライアントPCは指定されたURLにWebブラウザ経由でログインし、それをSSL VPN装置が認証サーバなどと連携して認証を行う。認証を許可した場合は、以降プロキシとしてユーザーとWebサーバ間の接続を管理することになる。多くの製品は、装置内に証明書発行機能を搭載しているので、別途、認証サーバを用意しなくても認証機能を活用できる。

 SSL‐VPNは、Webブラウザに標準搭載される暗号化技術を採用することで、IP‐VPNのようにクライアントソフトをインストール・設定する必要がない、Webブラウザという使い慣れたインターフェイスを用いるため、ユーザー教育の必要がない、プロキシとして透過的に稼働するため既存インフラの構成変更などが必要ないといったメリットがある。

 一方で、HTTP/HTTPSに依存するため、使用できるアプリケーションがWeb対応に限られるという課題もある。ただし、現在は自動でJavaアプレットや専用クライアントソフトをインストールし起動させることで、多様なアプリケーション(またはプロトコル)に対応する製品が増えている。

関連記事

関連用語

リンク

Master of IP Network フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH