TCP

ティーシーピー / Transmition Control Protocol

 インターネットプロトコルセット(TCP/IP)の中核をなすトランスポート層のプロトコルで、コネクション型の転送サービスを提供するもの。ユーザー間の仮想回路を作ることで、エラーチェック、フロー制御、整列機能を適用したデータストリームを、アプリーションプロセスに提供する。

 TCPは、送られたどのデータについても一定時間内に応答確認を行うように命令し、応答確認が届かない場合はデータを再送する。このため、TCPよりも上位のアプリケーションプロセスは信頼性を高めるための機能を実装する必要がない。

 TCPコネクションは、コネクション確立、コネクション維持、コネクション終了の3つの段階に分けられる。2つのTCPモジュールが同期情報を交換して行うコネクション確立は、SYN/ACKによるスリーウェイハンドシェークと呼ばれる手順で行われる。

  1. TCPモジュールAがBに「SYN」を送信
  2. TCPモジュールBがAに「SYN/ACK」を送信
  3. TCPモジュールAがBに「ACK」を送信
  4. コネクション確立

 コネクションは各データの応答確認によって維持され、ネットワーク障害や輻輳によってセグメントが失われたり破損した場合は、タイムアウト後に再送される。再送したためにセグメントが重複する場合があるが、TCPモジュールがシーケンス番号と応答確認番号をチェックして、重複セグメントを廃棄する。コネクションの終了は、転送を終えたTCPモジュールがFINフラグを送信して終了を要求する。

Master of IP Network フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH