whois

フーイズ

 ネットワークに登録されたIPアドレスやドメイン名などの情報を管理者以外でも確認できるコマンド。

 ユーザーはWHOISサーバに接続してコマンドを実行し、ドメイン名に関連するさまざまな情報を取得できる。取得可能な情報は、gTLDのWhoisの場合は登録されたドメイン名や登録年月日、有効期限、ドメイン名登録者名など、ICANN(Internet Corporation For Assigned Names and Numbers)で規定された内容となっている。

 また、JPドメイン名のWhoisでは、上記以外にもJPドメインの地域に依存した情報(登録に関する連絡先や担当者名、電子メールアドレスなど)が取得できる。

 Whoisの情報は、2つの方法で格納される。1つはThinレジストリで、検索可能な詳細データが登録されているWHOISサーバ名の一覧を1台のWHOISサーバに格納する方法。もう1つはThickレジストリで、特定のレジストリ情報すべてを1台のサーバに格納する方法だ。

 格納された情報を正確に表示するには、登録内容の変化を常時確認し、反映させる必要がある。日本ではJPRSがドメイン名のレジストリ組織で、そこから提供されるWHOISを利用するのが一般的だ。

関連記事

関連用語

リンク

Master of IP Network フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH