無線LAN

無線ラン / Wireless LAN

 無線による情報通信ネットワークの総称。IEEE802.11委員会が各種標準規格を規定しており、主に2.4GHz帯や5GHz帯などの無線用の周波数帯を介したデータ通信を指す。

 無線LANは基本的に、周囲の無線端末が電波を出していないかを確認するCSMA方式に基づいて、基地局である無線LANアクセスポイントと無線LANクライアント間で通信が行われる。通信は、900MHz帯や2.4GHz帯、5.2GHz帯などの周波数帯を利用する。各周波数帯は、互いの干渉を避けるために一定間隔で区分けされており(チャネル)、無線LANクライアントは利用するチャネルや識別情報のESS-IDなどを設定して無線LANアクセスポイントへ接続する。

 移転やレイアウト変更などに伴う配線工事や設定変更などが軽減されること、ケーブルの敷設範囲に縛られないネットワーク接続を実現できることから、コスト削減および生産性の向上で注目を集める。

 伝送速度は周波数帯によって異なり、規格も規定されている。2.4GHz帯はIEEE802.11bで最大11Mbps、IEEE802.11gで最大54Mbps、5GHz帯はIEEE802.11aで最大54Mbpsとなる。最新の標準規格(策定中)は5GHz帯のIEEE802.11nで、最大100Mbpsの高速通信が実現可能という。

 また、セキュリティは当初WEP(Wired Equivalent Privacy)による暗号化通信を利用していたが、ぜい弱性が指摘され、現在は強化された暗号化方式のTKIPやAES、さらに認証方式を含めたセキュリティ対策が施されている。これらはIEEE802.11iに規定される。

Master of IP Network フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH