CHTML

シー・エイチ・ティー・エム・エル / Compact HyperText Markup Language

 携帯電話、PDAなどの携帯情報端末のWebページに用いられるマークアップ言語。転送パケットが少なく小さな表示領域でも閲覧できる。

 文法には、HTML 2.0、3.2、4.0が使われており、HTMLで作られたWebページをCHTMLのWebページに変換することが非常に簡単に行える。また、電話番号へのリンクを埋め込むタグ(telタグ)などのCHTML独自のタグが用意されている。

 一方で、JavaScriptが使えなかったり、CSSの仕様も携帯端末の機種によって違いがあるなどの問題もある。

 HTMLで記述されたPCのWebページを携帯情報端末で閲覧する場合、携帯情報端末の通信速度の遅さや記憶領域の小ささなどからパケット通信料が膨大な額になり、表示領域の小ささから閲覧が困難という難点があった。それらの問題を解消するために、CHTMLは1998年2月にアクセスや松下電器産業、NEC、富士通、三菱電機、ソニーの6社により開発され、Web技術標準化団体であるW3Cに提案された。

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH