リッチクライアント

Rich Client

 ユーザーインターフェイス(以下、UI)の見栄えや操作性が豊かさを実現したWebアプリケーション、もしくはソフトウェア。代表的な技術は、AIRAjaxBiz/BrowserCurlFlashFlexJavaFXNexawebOpenLaszloSilverlightWPFなど。

 従来のクラインアント/サーバシステムのクライアントに代表されるファットクライアントは表現力や操作性が高いなどの利点はあったが、クライアントアプリケーションを利用するPCにインストールする必要があり、配布コストが高くなるという欠点もあった。その後出現したWebアプリケーションシステムのHTMLクライアントも、HTMLベースのため配布コストや保守性といった部分には優れていたが、操作性・利便性・表現力・スピード感が低いという欠点があった。

 リッチクライアントでは、クライアント/サーバ間での連携機能を持ちつつグラフィカルなUIで表現力・操作性が高いうえに、Webアプリケーションとして実現できるためオフライン操作や配布の簡易化など、前述の2つのクライアントの問題点を改善することが可能となった。

 Ajaxに代表されるWebブラウザだけの機能を生かしたタイプやWebブラウザのプラグインタイプ、単体で動作するスタンドアロン(デスクトップ)アプリケーションにサーバ通信などの機能追加したタイプがある。

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH