連載
» 2000年08月10日 00時00分 公開

詳説 TCP/IPプロトコル:第4回 TCP/IPプロトコルの概要 (3/5)

[岡部泰一,著]

IP(Internet Protocol)

 IPは、各ネットワークを利用してパケットを伝送しつつ、その上で仮想的なパケット交換ネットワークを実現するために使われるプロトコルである。IPを実装した相互接続ネットワークに接続しているすべてのコンピュータには、お互いを区別するために「IPアドレス(IP address)」と呼ばれる識別子を割り当てる。識別子は相互に接続されたネットワーク全体で重複しないように割り当てられる。ルータのように複数のネットワークに接続している場合は、ネットワークの数に応じて複数のIPアドレスが割り当てられる。IPによる仮想的なパケット交換ネットワーク上を流れるパケットは「IPデータグラム(IP datagram)」とか、単に「データグラム(datagram)」または「IPパケット(IP packet)」と呼ぶ。ルータは必要に応じて、IPデータグラムを転送するが、このとき、転送先のネットワークの最大パケット サイズに収まるようにIPデータグラムを分割して送信する。IPデータグラムを分割することを「フラグメンテーション(fragmentation)」、分割したデータグラムを「フラグメント(fragment)」と呼ぶ。フラグメントを受信した場合は、それらをすべて集めて元のデータグラムに戻してから、上位のプロトコルに渡す。これを「リアセンブル(reassemble、再組み立て)」と呼ぶ。

IP(Internet Protocol)

IPは各ネットワークを伝送システムとして利用し、その上に仮想的なパケット交換ネットワークを構築する。IPは「IPアドレス」、「IPデータグラムの転送」、「フラグメンテーション/リアセンブル」などを定義している。


 パケット交換ネットワークでは、経路の途中でパケットが失われたり、パケットの到着が遅れたり、パケットの順番が入れ替わって伝送されたりすることがあるが、IPではこれらの問題を検出しないため、送信者や受信者もIPパケットが正しく伝送されたのかどうかを知ることができない。このようにIPはパケットの伝送を保証しないため、「信頼性がない(unreliable)」プロトコルと呼ばれることがある(「信頼性がない」とは、パケットの内容が途中で変わったりするという意味ではなく、送信したIPパケットが相手に必ず届くかどうかや、送信した順番どおりに相手に届くという保証がない、という意味)。

IPによるパケット交換ネットワーク

パケット交換ネットワークでは、パケットが失われたり、パケットの到着が遅れたり、パケットの順番が入れ替わって伝送されたりする。IPはこのような問題を検出しない。


  

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。