連載
» 2000年10月30日 00時00分 公開

Java Servlet徹底解説(前編):JSPとどう連携して使うのか (1/4)

[米持幸寿,日本アイ・ビー・エム]

 前回の記事「サーバサイドJavaテクノロジ 重点キーワード」では、サーブレット、JSP、EJBをテーマに、サーバサイドのJavaに関連したさまざまな技術文書を読む上で必要な知識を解説した。

 さて、今回から2回に分けてJava Servlet、JSP、EJBを使ったWebアプリケーションを実装する手順を解説する。前編では、Java ServletとJSPの連携方法を中心に触れ、後編では、EJBで実装するビジネスロジックとの連携について解説する。また、非常に多くの機能を持ったこれらのテクノロジーの中でも、基本的な部分を取り上げ、実際のコーディングを交えて解説する。

  また、本稿ではアプリケーションサーバのセットアップなど、具体的に説明を進めるため、IBMの「WebSphere Application Server V3.5」を使うこととする。また、開発効率を上げるためのツールとして「WebSphere Studio V3.5」もあわせて紹介する。

 なお、本稿の解説で使用するプログラムはここからダウンロードしてほしい。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。