連載
» 2000年12月19日 00時00分 公開

Java Servlet徹底解説(後編):サーブレットとEJBの連携 (1/7)

[米持幸寿,日本アイ・ビー・エム]

 前編では、Java Servletの動作とJSPとの連携を、実際のコーディング例から解説した。後編では、前編で解説したプログラムの後ろにEJBを配置し、同様のインターフェイスを持ったWebアプリケーションを作成、Webブラウザから入力した内容をデータベースに保存するプログラムを作成してみる。

 手間を省くために、CMP(コンテナマネージドパーシスタンス)エンティティBeanと、前面にセッションBeanを作成してみることにする。

 実際のサーバやアプリケーションのセットアップ、構成の手順を説明するため、今回も前回に引き続き「IBM WebSphere Application Server V3.5 アドバンスド版」(以下WAS)を使うこととする。今回はEJBの開発を行うため、Java開発ツールに「IBM VisualAge for Java V3.5 Enterprise Edition」(以下VAJ)を使う。

 なお、本稿の解説で使用するプログラムはここからダウンロードしてほしい。

       1|2|3|4|5|6|7 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。