連載
» 2001年03月02日 00時00分 公開

SOAPの仕掛け(1):SOAPの仕掛けはどうなっている? (1/3)

[米持幸寿,日本アイ・ビー・エム株式会社]

分散アプリケーションのためのプロトコル「SOAP」

 SOAPとは、Simple Object Access Protocolの略で、DevelopMentor、IBM、Lotus、Microsoft、UserLand SoftwareがW3Cに提案中の、XMLを使ってRPCやメッセージングの機構を実現するための仕様である。SOAPを利用することで、さまざまな場所に分散したサービスを相互に結び付け、システムとシステムを連携させることができるようになる。ここでは、まず、W3Cに提出されているSOAP V1.1 Noteの仕様を概説する。

 また、後半ではJava版のSOAPの実装である「Apache-SOAP V2.0」について紹介する。導入手順に始まり、実際にRPCアプリケーションを作っていく。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。