連載
» 2001年05月22日 00時00分 公開

XMLの基礎を理解する10のポイント(3):第三部 XML文書を利用する (1/4)

[加山恵美,@IT]

 ここまででXML文書の概要について解説してきた。最後の第三部では、XMLをシステムにどのように組み込んでいくのか、という問題について触れてみよう。

 XMLで情報をやり取りする場合、事前にどのような構造のXML文書にするのか、取り決めが必要だ。その取り決めを表現するためにスキーマ言語を利用する。そしてXML文書を処理するための機能の中心がXMLパーサだ。XMLパーサの機能を呼び出すための標準的な手順には2通りある。

 そして最後に、現在のXMLはどのようなシステムで利用されているのか。簡単な例を交えて解説しよう。


       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。