連載
» 2002年10月04日 00時00分 公開

連載 プログラミングASP.NET ―ASP.NETによるWebアプリケーション実践開発講座― :第8回 Webサーバ・コントロール(後編) (1/4)

リストボックスやチェックボックスなどの項目選択系コントロールについて解説。項目の設定や選択項目の処理もASP.NETでは柔軟に行える。

[田口景介,著]
連載 プログラミングASP.NET ― ASP.NETによるWebアプリケーション実践開発講座 ― 
Insider.NET

 

「連載 プログラミングASP.NET ― ASP.NETによるWebアプリケーション実践開発講座 ― 」のインデックス

連載目次

 Webサーバ・コントロールの解説として、前編では、

  • Button、ImageButton、LinkButton

また、中編では、

  • TextBox、Label、Literal
  • RadioButton、CheckBox
  • Image、HyperLink

などのコントロールについて解説してきた。後編となる今回は、残る基本的なサーバ・コントロールとして、

  • ListBox、DropDownList、ListItem
  • CheckBoxList、RadioButtonList

について解説していく。 ●リスト系コントロール

 ASP.NETには、複数の要素を並べて選択するリスト系コントロールが4種類用意されている。チェック・ボックスやラジオ・ボタンをまとめて管理するasp:CheckBoxListコントロールとasp:RadioButtonListコントロール、それに一覧したアイテムから1つまたは複数選択するasp:ListBoxコントロールとasp:DropDownListコントロールである。これらのコントロールはすべてListControlクラスのサブクラスによって制御されるため、値の設定方法や参照方法、それにイベントなど、ほとんどの基本的な操作方法が統一されているため、ここでまとめて解説する。

■リスト系コントロールの書式

 これまでに解説したコントロールとは異なり、リスト系コントロールはいずれもアイテム一覧を表す子要素を記述するため、自己終了タグではなく、開始タグと終了タグでコントロールを記述する。ただし、Page_Loadメソッドなどで、動的にリスト・コントロールへアイテムを追加する場合には、空のリスト・コントロールを記述することができるため、この場合には自己終了タグ(例:<asp:DropDownList runat="server" />)として記述することも可能である。

DropDownListコントロールの書式

<asp:DropDownList id="<コントロールID>" runat="server">
  <アイテム一覧>
</asp:DropDownList>

ListBoxコントロールの書式

<asp:ListBox id="<コントロールID>" runat="server">
  <アイテム一覧>
</asp:ListBox>

CheckBoxListコントロールの書式

<asp:CheckBoxList id="<コントロールID>" runat="server">
  <アイテム一覧>
</asp:CheckBoxList>

RadioButtonListコントロールの書式

<asp:RadioButtonList id="<コントロールID>" runat="server">
  <アイテム一覧>
</asp:RadioButtonList>

 子要素として記述する<アイテム一覧>には、0個以上のasp:ListItemコントロールを以下に示すいずれかの書式で指定する。<ラベル>はコントロールに一覧表示される文字列であり、<値>は<ラベル>に対応する文字列で、選択したアイテムの識別などに利用することができる。なお「Value="<値>"」を省略した場合には、<ラベル>に指定した文字列がそのままValueプロパティの値としても参照される。

書式1 <asp:ListItem><ラベル></asp:ListItem>
書式2 <asp:ListItem Value="<値>"><ラベル></asp:ListItem>
書式3 <asp:ListItem Value="<値>" Text="<ラベル>" />
asp:ListItemコントロールの書式

 このほかにも、いずれの書式でもasp:ListItemコントロールには、selected属性を指定して、初期状態で選択されているアイテムを指定することができる(値がtrueならば選択状態)。

 また、実際にはasp:ListItemコントロールの書式は上記よりももう少し自由度が高く、Textプロパティ、Valueプロパティ、そしてタグに囲まれた文字列を任意に省略することができる。<ラベル>や<値>を省略したときのルールは、リファレンス・マニュアルのListItemクラスを参照すれば詳しく解説されているが、基本的には上記3パターンのいずれかで記述すればいいだろう。

 リスト8.1にasp:ListItemコントロールを使って、アイテムを固定的に設定したリスト系コントロールを使ったサンプル・プログラムを示す。このサンプルでは、ボタンをクリックすると、それぞれのコントロールで選択されているアイテムを調べ、そのアイテムのValueプロパティ値をテキスト・ボックスに表示するようになっている。

<%@ PAGE LANGUAGE="C#" %>
<html>
<head>
<script runat="server">
void Page_Load(Object sender, EventArgs e) {
  if (IsPostBack) {
    string t = "";
    string punc = "";

    if (listbox1.SelectedItem != null) {
      t += listbox1.SelectedItem.Value;
      punc = ", ";
    }

    t += punc + dropdown1.SelectedItem.Value;
    punc = ", ";

    t += ", (";
    punc = "";
    foreach (ListItem v in checklist1.Items) {
      if (v.Selected)  {
        t += punc + v.Value;
        punc = ", ";
      }
    }
    t += ")";
    if (radiolist1.SelectedItem != null) {
      t += ", " + radiolist1.SelectedItem.Value;
    }
    textbox1.Text = t;
  }
}
</script>
</head>

<body>
<form runat="server">
  <asp:TextBox id="textbox1" Columns="80" runat="server" />
  <br>

  <table>
  <tr>
    <td>asp:ListBox</td>
    <td>asp:DropDownList</td>
    <td>asp:CheckBoxList</td>
    <td>asp:RadioButtonList</td>
  </tr>
  <tr>
  <td>
    <asp:ListBox id="listbox1" runat="server">
      <asp:ListItem>Windows XP</asp:ListItem>
      <asp:ListItem>Windows 2000</asp:ListItem>
      <asp:ListItem>Windows Me</asp:ListItem>
      <asp:ListItem>Windows 98</asp:ListItem>
    </asp:ListBox>
  </td>
  <td>
    <asp:DropDownList id="dropdown1" runat="server">
      <asp:ListItem Value="0">C#.NET</asp:ListItem>
      <asp:ListItem Value="1">VB.NET</asp:ListItem>
      <asp:ListItem Value="2">JScript.NET</asp:ListItem>
      <asp:ListItem Value="3">C++.NET</asp:ListItem>
    </asp:DropDownList>
  </td>
  <td>
    <asp:CheckBoxList id="checklist1" runat="server">
      <asp:ListItem Text="ASP.NET" />
      <asp:ListItem Text="ADO.NET" />
      <asp:ListItem Text="WebService" />
      <asp:ListItem Text="XML" />
    </asp:CheckBoxList>
  </td>
  <td>
    <asp:RadioButtonList id="radiolist1" runat="server">
      <asp:ListItem Text="hoge" Value="0" />
      <asp:ListItem Text="foo" Value="1" />
      <asp:ListItem Text="bar" Value="2" />
      <asp:ListItem Text="aho" Value="3" />
    </asp:RadioButtonList>
  </td>
  </tr>
  </table>

  <asp:Button Text="OK" runat="server" />
</form>
</body>
</html>

リスト8.1 リスト系コントロール(固定アイテム)を使用したサンプル・プログラム(control09.aspx)
control09.aspxのダウンロード(control09.aspx.zip)

  

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。