連載
» 2003年09月05日 10時00分 公開

JavaTips 〜アプリケーションサーバ/コンテナ活用編:任意のフォルダにアプリケーションを配置するには

[山田祥寛,@IT]

 Tomcatでは、アプリケーションを「/webapps」フォルダの配下に配置します。ここに配置することで、アプリケーションはTomcatによって自動的に認識されます。

 しかし、アプリケーションを「/webapps」フォルダ配下以外の場所に配置したい場合もあります。例えばファイル管理の都合や、ディスクの容量の問題などにより、ほかのドライブ(フォルダ)にアプリケーションを配置したいという場合です。

 そのようなときは、サーバ設定用ファイル「server.xml」を編集することで、外部のフォルダを「/webapps」と同様に位置付けることが可能になります。

 この機能は、単にアプリケーションフォルダの分散管理が可能になるというにとどまりません。複雑な(深い)階層にあるフォルダを、単純なURLで公開することを可能にします。これはクライアントに対してサーバ上のフォルダ構造を隠ぺいするという意味で、セキュリティ上も極めて有効な手法です。

操作手順

 「server.xml」は、Tomcatインストールフォルダ配下の「conf」フォルダに含まれています。「server.xml」をテキストエディタなどで開き、以下のように追加してください。赤字部分が追記するコードです。アプリケーションパス、アプリケーション名は、共に「javatips」とします。

<!-- Tomcat Root Context -->
<!--
<Context path="" docBase="ROOT" debug="0"/>
-->
<Context path="/javatips" docBase="d:\javatips" debug="0" />


 <Context>要素のpath属性はブラウザからのリクエストに使用されるURLを示し、docBase属性は実際にアプリケーションがサーバ上に配置される物理パスを示します。ちなみに、docBase属性が絶対パスで示されなかった場合、与えられたパス文字列は「/webapps」フォルダからの相対パスであるものと見なされます。

 なお、「server.xml」を編集した後は、必ずTomcatを再起動してください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。