連載
» 2003年11月29日 00時00分 公開

現場に活かすJakarta Project(12):Struts開発をIDEで効率化 (2/2)

[岡本隆史,(株)NTTデータ]
前のページへ 1|2       

Struts StudioによるWebアプリケーションの開発

 さて、実際にStrutsを使ってWebアプリケーションを作成してみましょう。ここでは、数当てゲームを作成してみます。数当てゲームは以下の処理を行います。

(1)スタート画面:ユーザは最初、ユーザ名と数字を入力
(2)入力値判定:サーバ中で発生させた乱数とユーザが入力した数字を比較
・数字が不正解の場合:その数字がサーバ内の数字より大きいか小さいか画面に表示し、数字の入力を求める。
・数字が正解の場合:正解メッセージを表示し、ゲームを終了
(3)例外処理Exception発生時:例外処理を行い、エラー画面を表示

 上記を満たして、条件分岐と例外処理など、一通りStrutsの機能を利用するアプリケーションを作成することができます。Struts Studioを利用すると、図3のようにGUIで画面遷移を定義することができます。

図3 Struts Studioによる開発画面 図3 Struts Studioによる開発画面 (クリックすると拡大します)

Struts Studioの特徴

 筆者は、Strutsを利用するのが非常におっくうでした。まず、インストール方法がよく分からなかったり、やっとインストールできてもstruts-config.xmlの書式を理解するのが面倒だったり、苦労してstruts-config.xmlを作成しても、JSPやロジックを実行するアクションクラスに埋め込んだ値と整合性が取れずエラーが頻出したりと、とにかく使いにくいフレームワークでした。しかし、Strutsを利用したアプリケーションを開発するために生まれたStruts StudioによってStrutsの利便性は向上しました。ここで利用するStruts Studioには、次のような特徴があります。

  • 迅速な開発環境の構築
    ワンクリックでStruts StudioのインストールとStrutsからTomcatまでの開発環境を整えることができます。

  • TomcatによるJust In Time実行
    付属のTomcat上でStruts Studioで作成したStrutsアプリケーションを即座に実行することができます。また、編集した内容も即座にTomcatに反映することができ、開発とテストをシームレスに行うことができます。

  • GUIによるstruts-config.xmlの作成支援
    GUIで画面遷移を記述したり、グラフィカルなツリービューで、struts-config.xmlの設定を行うことができます。struts-config.xmlをエディタで編集するとtypoなどの入力ミスによるエラーに悩まされますが、Struts Studioを利用すれば、そのようなミスを減らし開発効率を向上させることができます。

  • クラステンプレート生成機能
    struts-config.xmlの情報を基に、アクションクラスなどのテンプレートを生成します。ユーザーは、テンプレートにロジックを実装するだけでよくなり、余分なコーディングの手間を省けます。

  • テンプレートによるJSPタグライブラリの入力支援
    JSPのテンプレートが豊富に用意されており、タグライブラリの入力をスムーズに行うことができます。

  • Antによるビルド機能
    Struts Studioで作成したプロジェクトに対し、自動的にAntのビルドファイルが生成され、Struts Studioでコードをコンパイルする際にはこのビルドファイルが利用されます。Antを使うことにより、Struts Studioを利用しない環境でもアプリケーションを簡単にビルドすることができます。

  • 英語版のみ提供
    現在は、英語版しか提供されていません。しかし、メニューやヘルプメッセージが英語というだけで、日本語の入力・出力も可能となっています。一部、プロパティファイルをnative2asciiでunicodeエスケープに変換する必要があるなどの制限はありますが、日本語環境でも問題なく利用できます。

 Struts Studioには、Community Edition/Standard Edition/Professional Editionが用意されており、Community Editionは無料(注)で利用可能となっています。

注:ExadelのWebサイトではfreeとしか書いていなかったので、コマーシャルプロダクトの開発に利用可能かどうか問い合わせたところ、利用できるという回答をいただきました。

開発の準備

(1)インストール

 ExadelのStruts Studioの配布サイト(http://www.exadel.com/products_strutsstudio.htm)からStruts Studio Community Editionをダウンロードしインストールします。ダウンロードにはユーザー登録が必要なので、注意してください。Struts StudioにはWindows版とLinux版が用意されていますが、ここでは、Windows版を用いて解説します。

 Struts Studioの起動は、Windows版の場合は、スタートメニューから「Struts Studio 4.7 with Console」を選択することで起動できます。Struts Studioの画面を簡単に解説すると、図4のようになります。

図4 Struts Studioの画面 図4 Struts Studioの画面 (クリックすると拡大します)

 それぞれの画面要素を説明しましょう。

  • ナビゲーションパネル
    Webアプリケーションのディレクトリやstruts-config.xmlの要素などをツリー形式で閲覧することができます。

  • プロパティビュー
    上記ナビゲーションパネルで選択したファイルの属性などを表示/入力します。

  • ダイアグラムビュー
    struts-config.xmlをグラフィカルなダイアグラムで表示します。このビューを用いて画面遷移を定義します。

  • パレットバーマクロ
    JSPのタグライブラリの入力を支援します。さまざまなテンプレートが用意されており、簡単にタグを入力することができます。また、ユーザー定義のタグを追加することも可能です。

  • コンソール
    TomcatやAntのメッセージが表示されます。

  • Tomcatランチャ
    Tomcatの起動や停止を行うことができます。図4の左から設定、起動、再起動、停止、web.xmlのタイムスタンプ更新(アプリケーションのリロード)となっています。

(2)プロジェクト作成

 Struts Studioは一般的なJavaのIDEと同じように、プロジェクトでアプリケーションを管理します。プロジェクトを作成するには、メニューの[File]→[Create New Project]を選択し、Nameフィールドにプロジェクト名を入力します。[Next]ボタンを押し、次の画面で[Finish]をクリックします。ここでは、プロジェクト名に「guess」を入力します。

GUIで画面遷移を作成

 Struts Studioで画面遷移を作成してみましょう。左のナビゲーションパネルから「WEB-INF/struts-config.xml」をダブルクリックで選択します。すると、ダイアグラムビューが表示されます。ダイアグラムビュー上で右クリックし、 メニューからAddを選択すると、次のメニューが表示されます。

図5 Addメニュー画面 図5 Addメニュー画面
表1 Addメニュー
メニュー 解説
Action アクションの作成
Global Foward グローバルフォワードの作成
Global Exception グローバル領外への作成
Page JSPページの作成

 Struts Studioでは、この4つを作成しながら、画面遷移を作成することになります。では実際に数当てゲームの画面遷移を作成してみましょう。

(1)グローバルフォワードの作成

 まずグローバルフォワードを作成しましょう。グローバルフォワードは、Webアプリケーションの開始点です。ユーザーはまず、グローバルフォワードからリンクされた画面に最初にアクセスします。

 ここでは、Webアプリケーションが開始すると数字入力画面「/pages/start.jsp」を表示するグローバルフォワードを作成します。strutsコンフィグエディタ上で右クリックし、「Grobal Foward」を選択し、表示されたダイアログ(図6)で次のように入力してください。

図6 グローバルフォワード作成ダイアログ画面 図6 グローバルフォワード作成ダイアログ画面
表2 グローバルフォワードの作成ダイアログ
項目 入力値 解説
name* start 名前
path* /pages/start.jsp 実行するパス
redirect リダイレクトの設定
contextRelative モジュールの設定

 ダイアログ右下の[Help]を押すとダイアログの解説を英語で見ることができます。[OK]を押すと、ダイアグラムビューが図7のように変化し、struts-config.xmlへの設定追加と「/pages/start.jsp」の生成を自動的に行います。

図7 作成されたグローバルフォワードとJSP 図7 作成されたグローバルフォワードとJSP

注:以降の説明ではプロパティ設定のダイアログの画面は省略します。


(2)アクション

 アクションは、ロジックの実行単位です。アクションの設定によりコントローラであるActionServletの動作を決めることになります。図8を用いて簡単に説明します。

図8 アクション 図8 アクション
  • (1)入力
    JSPからアクションサーブレットを介してアクションが実行されます。アクセスするURLは*.doで表されます。

  • (2)Webフォームの値を設定
    アクションサーブレットは、送信されたPOST/GETのパラメータ情報を基に、フォームBeanにWebフォームの値を設定します。

  • (3)アクション実行
    ロジックを実行するアクションクラスを呼び出します。アクションクラスは、画面の遷移先情報を返却します。

  • (4)フォームBeanの参照、変更
    アクションクラスの内部でフォームBeanの値を参照し、ロジックを実行します。ロジック実行中、必要であれば、フォームBeanの値を変更します。

  • (5)フォワード
    アクションサーブレットから、JSPへフォワードし、結果をJSPで出力します。ほかのアクション(アクションサーブレット)へフォワードし、別のロジックを実行することもできますが、最終的にJSPを介して画面を出力します。

 上記のフォームBean/アクションクラスの設定をここで行います。ダイアログビュー上で、右クリック→[Add]→[Action]を選択し、現れたダイアログで、次のように入力します。

表3 フォームBean/アクションクラスの設定
フィールド 入力値 解説
name guessform フォーム名
path* /guess アクションが関連付けられるパス。アクションは、*.doで表記されるURLに対応付けられる(ここの場合/guess.do)
scope session アクションフォームのスコープです。session,requestを選択できます。
type GuessAction アクションクラスのクラス名
validate false Struts Valdatorにより、フォームの入力値の妥当性検証を行うかどうか指定。

 アクションが作成されると、ダイアグラムビューに次のように表示されます。

図9 アクション作成後の画面遷移 図9 アクション作成後の画面遷移

 この情報は、左のナビゲーションパネルの「struts-config.xml/action-mappings」にも表示されます。ここで、ダイアログビューの「/pages/start.jsp」にカーソルを合わせてクリックし、いま作成したアクションguessに線をドラッグして持っていくと図10のようになり、start.jspのフォームを入力して、guessアクションを実行させることができます。

図10 guessアクションの実行までの画面遷移 図10 guessアクションの実行までの画面遷移

(3)フォワードの作成

 アクションを実行した結果、どの画面を表示するか、あるいは次にどのロジックを実行するかをフォワードで定義します。

 次のように遷移先を設定します。

ケース 遷移先
入力した数字が正解の場合 /pages/match.jsp
入力した数字が不正解の場合 /pages/unmatch.jsp

 先ほど作成したguessformと表示されたアクションのアイコンを右クリックし、[Create Forward]を選択します。現れた画面で必要な情報を入力します。例えば、matchには次のように入力します。

表4 フォワードの作成(matchの場合)
項目 入力値 解説
name: match フォワード名
path: /pages/match.jsp フォワード先の情報
redirect: リダイレクトの設定
contextRelative: モジュールの設定

 同じく「Create Forward」を選択しunmatchに、以下のように入力します。

表5 フォワードの作成(unmatchの場合)
項目 入力値
name: unmatch
path: /pages/unmatch.jsp
redirect:
contextRelative:

 2つのフォワードを作成すると、フォワード先のJSPが自動的に生成されます。最後に、unmatch.jspからguessアクションへリンクを張れば、数当てアプリケーションの画面遷移は完成します(図11)。

図11 完成した画面遷移 図11 完成した画面遷移

モデルの実装

 さて、画面遷移が完了したら、アクションと画面の間で値をやりとりするフォームBeanとロジックを実行するアクションクラスを作成しましょう。

(1)フォームBeanの作成

 アクションクラスとJSPの間でパラメータをやりとりするためのフォームBeanを作成します。Struts 1.0では、フォームBeanをユーザーがコーディングする必要がありましたが、Srtuts 1.1から導入されたDynaFormを利用すると、アクションフォームBeanを作成する必要がなくなり、プロパティをセットするだけでよくなります。ここでは、後でユーザーの入力値の妥当性検証を行うことを考慮して、DynaFormBeanに妥当性検証機能を追加したDynaValidatorFormを利用します。

 ナビゲーションパネルの「/WEB-INF/struts-config.xml/form-beans」を選択し、右クリックで「Create FormBean」を選択します(図12(注)

注:以降、/XXX/YYYと記述した場合、ナビゲーションパネルのツリーの位置を表すこととします。

図12 Create Form Beanを選択 図12 Create Form Beanを選択

 以降、表示されたダイアログで、表6のように入力します。

表6 フォームBean作成ダイアログ
項目 入力値
name* guessform
type* org.apache.struts.validator.DynaValidatorForm

 すると、ナビゲーションパネルのform-beansにguessformが生成されます。ここで注意点があります。name*は、ダイアログビュー上のアクションの名前と同じにして下さい。

 このフォームBeanをDynaFormとして利用するための設定を行います。ナビゲーションパネルのguessformを右クリック→「Properties」→「Advanced」タブを選択し、dynamicプロパティをtrueにします。

 フォームBeanで利用するプロパティを追加します。ナビゲーションパネルのguessformを右クリックし、「Create Form Property」を選択、表示されたダイアログで次のように入力します。

表7 フォームプロパティ作成ダイアログ
フィールド 入力値 名前
name num プロパティ名
type java.lang.String プロパティの型
initial 初期値
size サイズ

 上記のnumを利用して、JSPのフォームからの入力値の取得と出力値の設定を行います。さらに、ユーザーの名前を取得するnameプロパティ(name:name、type:java.lang.String)と、ユーザーが入力した数字が大きいか小さいかロジックで判定した結果を入れるisGreaterプロパティ(name:isGreater、type:java.lang.String)について、表7のように定義します。

 定義が完了すると、次のようになります。

図13 定義を完了したところ 図13 定義を完了したところ

 画面を見ると、一目でguessformに「num/isGreater/name」の3つのプロパティが定義されていることが分かります。

 次に、ナビゲーションパネルから「plug-ins」を選択し、右クリックで「Create SpecialPlug-in」→「Validators」を選択します。これは、DynaValidatorFormもしくは、ValidatorFormの固有の設定です。


(2)アクションクラスの作成

 アクションクラスでは、以下のことを行います。

  • ロジックの実行
  • ロジックの実行結果による次の画面の遷移先の決定

 アクションクラスを生成するには、アクションを右クリックし、現れたダイアログに必要情報を入力します。

表8 アクションクラス作成ダイアログ
フィールド 入力値 名前
Action class GuessAction アクションクラス名
Base class: org.apache.struts.action.Action アクションクラスの基底クラス
Imports (値なし) このアクションクラスでimportするクラス
Generate JavaBeaan porperties v JavaBeansのプロパティを生成
Generate contants for local forwards v グローバルフォワードのための定数生成
Generate constants for local forwards v ローカルフォワードのための定数生成
Output path* (値なし) ソースを生成するディレクトリ

 設定が終わったらGenerateボタンを押します。すると、アクションクラスが生成されます。あとは、executeメソッドにロジックを実装します。エディタを用いた開発では、フォワード名とstruts-config.xmlの設定値を間違えてエラーが発生し、この誤りの原因を突き止めるのに苦労するといったことがありますが、Struts Studioで作成したアクションクラスには、struts-config.xmlの情報を基に、次のようにフォワード名が定義されるので、その心配はありません。

public class GuessAction extends org.apache.struts.action.Action {
    
    // Local Forwards
    private static final String FORWARD_match = "match";
    private static final String FORWARD_unmatch = "unmatch";

 アクションの実行内容は、次のようにexecuteメソッドに実装します。

GuessAction.java
  
    public ActionForward execute(ActionMapping mapping, 
                                 ActionForm form,
                                 HttpServletRequest request,
                                 HttpServletResponse response)
            throws Exception //(4)

       // フォームBeanのキャスト    
        DynaActionForm df = (DynaActionForm)form; //(1)

        // フォームから入力された数字を取得
        int num = Integer.parseInt((String)df.get("num"));//(2)
        HttpSession session = request.getSession();

        // HTTPセッションからgeneratedNumber属性を取得  
        Object o = session.getAttribute("generatedNumber");
        int generatedNumber;
        
        if(o==null) {
            // generatedNumber属性がnullであればゲーム開始とみなし、
            // 乱数を生成し、generatedNumberに設定
            generatedNumber = (int)(Math.random()*100);
            session.setAttribute("generatedNumber",
                                 new Integer(generatedNumber));
        } else {
            // 既にgeneratedNumberを生成済みであれば、値を取得
            generatedNumber = ((Integer)o).intValue();
        }

        if  (num!=generatedNumber)  {// 入力値と数字が異なる
            // num > valの結果をアクションフォームのisGreaterに設定
            df.set("isGreater", new Boolean(num>generatedNumber));// (2)

            // 不正解画面へ遷移するActionForwardを返却
            return mapping.findForward(FORWARD_unmatch);// (3)
        } else { // ユーザの入力値と数字が同じ
              // 属性を削除
              session.removeAttribute("generatedNumber");

              // 正解画面へ遷移するActionForwardを返却
              return mapping.findForward(FORWARD_match);// (3)
       }
 
    }

 executeメソッドを実装する注意点としては以下の点が上げられます。

  • フォームBeanをフォームBeanの作成で定義したクラスにキャストします。ここでは、DynaValidatorFormの親クラスであるDynaActionFormにキャストしています。

  • フォームBeanから値の取得と設定を行います。ここでは容易にするためisGreaterというプロパティをフォームBeanに設定していますが、Webのフォームの入力値以外のユーザーが操作しない値は、generatedNumberのようにHttpSessionの属性に設定してもよいでしょう。

  • メソッドの戻り値にmapping.findForward(<フォワード名>)で返却されるActionForwardを返却します。このフォワード名により、次に遷移する画面もしくはアクションを指定します。

  • メソッド内で発生したExceptionは、後で紹介するグローバル例外へ遷移させることができます。

 ここでは、入力したソースコードは、左上にあるbuildアイコンから「build」を選択するとAntを利用してコンパイルできます。

図14 Antでコンパイルを実行 図14 Antでコンパイルを実行

(3)コントローラの設定

 HTTPヘッダのパラメータの設定、ブラウザから入力したリクエストを処理するリクエストプロセッサの設定などを行います。

 まず、日本語がブラウザ上で正しく表示されるようにHTTPヘッダのcontentTypeの設定を行います。ここでは、ナビゲーションパネルの「WEB -INF/struts-config.xml/controller」を右クリックし「CreateProperty」を選択、次の値を入力します。

表9 プロパティ作成ダイアログ
フィールド 入力値
property* contentType
value* text/html;charset=Windows-31J
initial
size

 次に、ブラウザからの日本語入力を正しく処理できるようにリクエストプロセッサを作成、登録します。リクエストプロセッサは、その名のとおり、HTTPのリクエストを処理するクラスです。アクションの実行は、このリクエストプロセッサから呼び出されます。リクエストは、リクエストプロセッサのprocessメソッドを実行することにより行われますが、デフォルトのリクエストプロセッサorg.apache.struts.action.RequestProcessorを継承したクラスの直前にリクエストの文字コードを指定することで、フォームの入力値の文字化けを回避することができます。

 ナビゲーションパネルの「/src」を右クリックし、「Create」→「File」→「Java」を実行してCharsetProcessorクラスを作成します。

CharsetProsessor.java

import javax.servlet.http.*;
import javax.servlet.*;
import java.io.*;
import org.apache.struts.action.*;

public class CharsetProcessor extends RequestProcessor {

  public void process(HttpServletRequest request,HttpServletResponse response) 
          throws IOException,ServletException 
  {
    request.setCharacterEncoding("Windows-31J");
    super.process(request,response);
  }

}



 リクエストプロセッサを登録するには、ナビゲーションビューから「/WEB-INF/struts-config.xml/controller」を選択すると、controllerタグの属性が表示されるので、processorClassにクラス名CharsetProcessorを設定します。設定が完了すると、図15のような画面になっているはずです。

図15 controllerの設定画面 図15 controllerの設定画面

 なお、リクエストの文字コードの設定については、今後、リクエストプロセッサを登録しなくとも文字コードを指定できるように改良したいと考えています。

ビューの作成

(1)JSPの作成

 JSPの画面を作成します。ダイアグラムビューで、JSPをクリックすると、JSPエディタが起動します。

 このエディタで各JSPに対して、リストxx、リストxx、リストzzのように入力します(bodyタグなど、解説の不要なタグは省略しています)。

 StrutsのJSPでは、通常のHTMLタグの代わりにhtml:xxxタグやlogic:xxx、bean:xxxタグを利用してJSPを作成します。これらStruts固有のタグを利用することにより、URLを適切なパスに展開したり(html:form)、簡単な条件分岐や値チェックを行ったり(logic:xxx)、Webブラウザのフォームで入力した値をフォームBeanに対応付けたり(html:text)、フォームBeanのプロパティの値を表示したり(bean:write)することができます。

リスト:start.jsp
<%@page pageEncoding="Windows-31J"%>
<%@ taglib uri="/WEB-INF/struts-html.tld" prefix="html" %>

<html:html>
<html:form action="/guess.do">
お名前と数字を入力して下さい。<br/>
お名前:<html:text property="name"/><br/>
数字:<html:text property="num"/><br/>
 <html:submit value="送信"/>
</html:form>
</html:html>

リスト:unmatch.jsp
<%@page pageEncoding="Windows-31J"%>
<%@ taglib uri="/WEB-INF/struts-bean.tld" prefix="bean" %>
<%@ taglib uri="/WEB-INF/struts-html.tld" prefix="html" %>
<%@ taglib uri="/WEB-INF/struts-logic.tld" prefix="logic" %>

<html:html>
<html:form action="/guess.do">
<!-- 名前を表示 -->
<bean:write name="guessform" property="name" />さん:
<!-- idGreaterが設定されていればメッセージを表示 -->
<logic:present name="guessform" property="isGreater" >
<logic:equal name="guessform" property="isGreater" value="true">
もっと小さい数字
</logic:equal>
<logic:equal name="guessform" property="isGreater" value="false">
もっと大きい数字
</logic:equal>
を入力して下さい。
</logic:present> <br />
<html:text property="num" />
<html:submit value=" 送信" />
</html:form>

</html:html>

リスト:match.jsp
<@page pageEncoding="Windows-31J"%>

<html:html>
あたりです。おめでとうございます。
</html:html>



(2)アプリケーションリソースの設定

 アプリケーションリソースはエラーメッセージなどのメッセージを記述するプロパティファイルです。アプリケーションリソースは後で利用しますが、これを設定しておかないとStrutsが動作しません。「WEB-INF/struts-config.xml/resources」を選択し右クリックで「Define Message Resources」を選択します。ダイアログで、以下のように入力し、[OK]を押します。

parameter*: ApplicationResources


実行

 さて、準備ができたら、アプリケーションを実行してみましょう。左上のTomcatランチャから左から2番目の三角のアイコンをクリックすると、Tomcatが起動します。Tomcatの起動の様子は下のコンソールに表示されます。Tomcatが起動したら、グローバルフォワード(ここでは、「start」のアイコン)を右クリックして「run」を選択するだけで、ブラウザが起動し、Webアプリケーションを実行できます。

図16 Tomcatランチャ画面 図16 Tomcatランチャ画面
図17 Webアプリケーションの実行 図17 Webアプリケーションの実行

 Actionクラスなどのコードを変更した場合は、Tomcatランチャの一番右の手のアイコンをクリックするとWebアプリケーションがリロードされ、Tomcatを再起動することなく更新したアプリケーションでテストできます。

エラー処理と妥当性検証

 さて、先ほど作成した数当てゲームは、例外処理が入っていませんでした。これに例外処理を入れてみましょう。Strutsには、次の2つの例外処理の機構があります。Strutsは、エラー処理として次の2つをサポートしています。

  • フォーム入力値のエラー
    Webフォームの数値を入力すべきフィールドにアルファベットを入力した場合などの、フォームに入力した値が不正な場合のエラー処理

  • Exceptionによるエラー
    ロジック実行中に発生したExceptionに対するエラー処理

 では、それぞれについて具体的に見ていきましょう。

(1)フォーム入力値のエラー

 Struts Validatorを利用すると、フォームの入力値の妥当性検証を簡単に行うことができます。また、検証方法もクライアントサイドの検証とサーバサイドの検証を同時に行うことができます。妥当性検証を行うには、ValidatorFormを継承したフォームBeanを用いるか、DynaValidatorFormを利用する必要があります。すでにDynaValidatorFormを利用しているので、ここでは、validationの設定方法を説明します。

 妥当性検証ファイルvalidation.xmlを設定します。ナビゲーションパネルから/WEB-INF/validation.xmlをクリック、エディタを起動し次の太字の部分をformsetタグの後ろに追加します。

/WEB-INF/validation.xml
    <formset>
    <form name="guessform">
       <field
          property="num"
          depends="required,short">
          <!-- ApplicationPropertiesへの引数({0}) -->
          <arg0 key="guessform.num.name"/>
       </field>
    </form>



 ここでは、guessformのnumプロパティに対し、値の入力が必須(required)で、short型の数値(short)という条件で検証の条件を設定しています。

 次に、エラーメッセージなどのメッセージを記述するアプリケーションリソースを準備します。ここでは、ナビゲーションパネルの「src」ディレクトリを選択し、右クリック→「Create」→「File」→「Properties」と選択し、nameフィールドにApplicationResourcesを入力し、ApplicationResource.propertiesを作成します。そして、プロパティのnameとvalueをそれぞれ次のように設定します。

表10 プロパティの作成
name value
errors.required {0}が空です。値を入力して下さい。
errors.short 数字を入力して下さい。
guessform.num.name 数字
図18 ApplicationResource.propertiesの画面 図18 ApplicationResource.propertiesの画面

 ここで、先ほどのvalidation.xmlの次の行に注目して下さい。

                     depends="required,short">
<!-- ApplicationPropertiesへの引数({0}) -->
<arg0 key="guessform.num.name"/>             



 上記の値は、requiredに対するエラーメッセージはアプリケーションリソースのerrors.requiredに、shortに対するエラーメッセージはerrors.shortに記述します。また、errors.requiredに{0}という記述がありますが、これは、validation.xmlのarg0要素で指定されたアプリケーションリソース「guessform.num.name」の値(「数字」)に対応付いています。

 プロパティは、unicodeエスケープで保存する必要がありますが、Struts Studioのプロパティエディタはunicodeエスケープに対応していません。そこで、コマンドプロンプトを起動し、C:\StrutsStudio\tomcat\webapps\hello\WEB-INFに移動し、次のように実行します。

                     > native2ascii src\ApplicationResources.properties classes\ApplicationResources.properties            



 これで、プロパティファイルがunicodeエスケープに変換されてclassesディレクトリに保存されます。

unmatch.jsp(赤字の部分を追加)
<%@page pageEncoding="Windows-31J"%>
<%@ taglib uri="/WEB-INF/struts-bean.tld" prefix="bean" %>
<%@ taglib uri="/WEB-INF/struts-html.tld" prefix="html" %>
<%@ taglib uri="/WEB-INF/struts-logic.tld" prefix="logic" %>

<html:html>

<html:javascript formName="guessform" />
<html:form action="/guess.do" onsubmit="return validateGuessform(this)">
  <!-- idGreaterが設定されていればメッセージを表示 -->
  <logic:present  name="guessform" property="isGreater" >
  
    <!-- 名前を表示 -->
    <bean:write name="guessform" property="name" />さん、

    <logic:equal name="guessform" property="isGreater" value="true">
      もっと小さい数字
    </logic:equal>
    <logic:equal name="guessform" property="isGreater" value="false">
      もっと大きい数字
    </logic:equal>
    を入力して下さい。
  </logic:present>
<br />
  <!-- numに対する妥当性検証のエラーメッセージを表示 -->
<html:errors property="num"/>
  <html:text property="num" />
  <html:submit value=" 送信" />
</html:form>

</html:html>


(2)アクションの設定

 ダイアグラムビューで「/guess」アクションを右クリックしてプロパティを表示し、次のようにプロパティを設定します。

表11 プロパティの設定
Name Value 解説
validate true Struts Valdatorにより、フォームの入力値の妥当性検証を行うかどうか指定。
input /pages/unmatch.jsp エラーが発生した時に遷移する画面

 これで、guessアクションに対するサーバサイドの妥当性検証unmatch.jspに対するクライアントサイドの妥当性検証が有効になります。最初の画面で数字を入力する場所に数字以外の値を入力すると次のようにエラーが表示されます。

図19 エラー画面 図19 エラー画面

 また、unmatch.jspで数字以外の文字を入力すると、JavaScriptにより、次のようにエラーが表示されます。

図20 エラー画面 図20 エラー画面

(3)システム例外

 アクションクラスの中で、ロジックを実行する際に発生したExceptionによりエラー用ページに遷移させることができます。DBエラーなどのシステム障害が発生した場合には、この仕組みを利用するとよいでしょう。例外処理には、グローバル例外とローカル例外の2つの例外処理機構があります。グローバル例外は、すべてのアクションで発生した例外を処理でき、ローカル例外は各アクションで発生した例外を処理するという違いがあります。Struts Studioを用いると、グローバル例外の作成を簡単に行うことができます。ダイアグラムビュー上で右クリック、Global Exceptionを選択し、表示されたダイアログで次のように入力します。

表12 グローバル例外の作成ダイアログ
フィールド 入力値 解説
key* errors.exception エラーメッセージ
type* java.lang.Exception Exceptionの型
path /pages/error.jsp 遷移先の画面
type GuessAction アクションクラスのクラス名
scope (値なし) スコープ

 すると次のようになります。

図21 グローバル例外時の画面遷移 図21 グローバル例外時の画面遷移

 この遷移図がExceptionが発生した場合、「/pages/error.jsp」を表示することは一目でわかりますね。あとは「/pages/error.jsp」をクリックして次のように入力します。

error.jsp
<%@page pageEncoding="Windows-31J"%>
<%@ taglib uri="/WEB-INF/struts-html.tld" prefix="html" %>

<html:html>
 <html:errors/>
</html:html>

 そして、エラーメッセージをApplicationResources.propertiesに追加します。

表13 エラーメッセージ
name value
errors.exception システム障害が発生しました。恐れ入りますが、現在サービスをご利用になることはできません。

 ApplicationResources.propertiesを編集したら、先ほどと同じようにnative2asciiを利用して変換して下さい。

日本語環境の注意について

 すでに日本語を利用する方法は本稿中で述べていますが、ここでまとめてみましょう。

(1)JSPファイルのpageディレクティブでpageEncodingを設定する

<%@page pageEncoding="Windows-31J"%>

(2)controllerの設定でcontentType属性とRequestProcessorの登録を行う

(3)native2asciiでアプリケーションリソースをunicodeエスケープ形式に変換する

 もし、日本語が正しく扱えない場合は、これらの点に注意してみましょう。また、Unix環境ではWindows-31Jの代わりにEUC-JPを利用するとよいでしょう。

おわりに

 Strutsの基本とStruts Studioを利用したWebアプリケーションの開発について紹介してきました。Struts Studioを利用すれば、面倒だったstruts-config.xmlの編集の必要がなくなり、初心者でも直感的にStrutsを利用できるようになります。Struts Studioは現在は英語版しかリリースされていませんが、今後の日本語版のリリースに期待したいところです。

 最後になりましたが、残念ながら、本連載、「現場に活かすJakarta Project」は今回で最終回となります。総論から始まり、Ant、Commons、Taglib、Tomcat WebDAV、そして、Strutsと紹介してきました。連載当初JakartaのプロジェクトであったAnt、Avaon、Jamesは個別プロジェクトへ移動し、Torque/OJBも新設されたApache DBプロジェクトへ移動しました。Turbineのコンポーネントの1つだったMavenも独立したプロジェクトとなり、Antに変わるビルドツールとして注目を浴びています。この1年はまさにJakartaプロジェクトにとって激動の年といえるでしょう。また、サーバサイドJavaのオープンソースといえばJakartaでしたが、アプリケーションサーバのJBossやO/RマッピングツールのHibernate、メタデータによる新しいスタイルのプログラミングを提供するXDoclet、そして、爆発的な勢いで普及しているIDEのEclipseなど、Jakarta以外にも使えるオープンソースは多数現れています。一昔前はJavaのオープンソースといえば、Jakartaでしたが、そのような時代はすでに終わっているといって過言ではないでしょう。しかし、Jakarta以外のオープンソースでも、よく見ると、JBossではTomcatを、HibernateはCommonsのLoggingやDBCPを、XDocletはAntを利用しています。いま、Jakarta以上に注目されているEclipseもTomcat、Ant、Luceneがインテグレートされています。Jakarta以外のほかのJavaのオープンソースも注目され始めたとはいえ、Javaのオープンソースにとって、Jakartaの重要性は今後ますます大きくなっていくといえるでしょう。

 今回の連載は、どちらかといえば入門者向けの記事でしたが、本連載を機にJakartaのプロダクトのユーザーが1人でも増えればと思います。また、機会があればより実践的な話をご紹介したいと思います。

 最後に、連載にご協力いただいたJa-Jakartaプロジェクトの小山、横田両氏とJakartaのプロダクトの日本への普及を促進すべくドキュメントの翻訳や日本からのフィードバックに精進されているJa-Jakartaプロジェクトメンバーおよび本連載の読者の皆さまに感謝します。読者の皆さまには、機会があれば、ぜひJa-Jakartaの活動に参加していただければ幸いです。中にはオープンソースプロジェクトへの参加は難しそうと思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、Ja-Jakartaプロジェクトへ参加することは決して難しくありません。今後、読者とライターという関係ではなく、一緒に活動する仲間としてお会いできれば幸いです。

筆者プロフィール

岡本隆史(おかもと たかし)

岡山大学工学研究科修了後、(株)NTTデータに入社。文字認識ソフトウェアの研究開発を経て、Webサービス関連の研究開発に携わる。個人では、Debian GNU/Linuxの優れたメンテナンス性とほかのディストリビューションを圧倒するパッケージ数に引かれDebianを使い始めたのをきっかけに、Debianプロジェクトの開発者となる。DebianプロジェクトのStefan Gybas、Ola Lundqvistらとともに、Javaサポートの強化を行う。Jakartaに関しては、Tomcat/JMeter/ORO/Luceneなどの国際化/日本語へのローカライズ、AntのKaffe VM対応などを行っている。『Jakartaプロジェクト徹底攻略』(技術評論社)、『WEB+DB PRESS』(技術評論社)、『Java World』(IDGジャパン)、『JAVA Developer』(ソフトバンクパブリッシング)などで執筆活動を行っている。

Ja-Jakarta Projectについて

Ja-Jakartaプロジェクトでは、Jakartaプロジェクトのドキュメントの和訳やプロダクトの国際化/日本語化などを行っている。現在、プロジェクトのメンバーを募集中。Ja-Jakartaプロジェクトの活動に参加しようという方は、「Ja-Jakartaプロジェクトへの参加方法」(http://www.jajakarta.org/site/getinvolved.html)を参照。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。