連載
» 2019年01月21日 05時00分 公開

「RC5」とは

「RC5」とは、RSA Data SecurityのRonald Rivest氏が開発した共通鍵ブロック暗号である。

[セキュリティ・キャンプ実施協議会,@IT]

 「RC5」とは、RSA Data SecurityのRonald Rivest氏が開発した共通鍵ブロック暗号である。

 構造が非常にシンプルであり、鍵の長さは0〜2040bit、ブロックの大きさは32bit、64bit、128bitから選択できるのが特徴。推奨されているのは、128bitの鍵、64bitのブロックである。

 RC5は「RCシリーズ」の一つであり、他にはRC2、RC4などが存在する。

 RC2は、RC5と同様、共通鍵ブロック暗号である。ブロックの大きさは64bitで固定、暗号鍵のサイズが可変であるという特徴がある。

 RC4は、現在でも広く使われている共通鍵ストリーム暗号だ。実装の軽量さと容易さが特徴となっている。RC4はストリーム暗号であることから、平文は可変長であり暗号鍵のサイズも可変であるため、非常に柔軟に扱える。

関連用語

共通鍵暗号方式

■更新履歴

【2004/1/1】初版公開。

【2019/1/21】最新情報に合わせて内容を書き直しました(セキュリティ・キャンプ実施協議会 著)。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。