連載
» 2004年01月16日 05時00分 公開

.NET TIPS:DataGridコントロールで行の追加/削除およびデータ編集を禁止するには?

[一色政彦,デジタルアドバンテージ]
.NET TIPS
Insider.NET


「.NET TIPS」のインデックス

連載目次

 デフォルトのDataGridコントロールでは、表示されている既存のデータをユーザーが編集でき、編集したデータはそのままDataGridコントロールに反映される。また、新しいデータを入力するための行(新規行)がグリッドの末尾に表示され、ここで入力したデータもそのままDataGridコントロールに追加される。

デフォルトのDataGridコントロール デフォルトのDataGridコントロール
デフォルトのDataGridコントロールでは、既存行で変更したデータはDataGridコントロールに反映され、新規行で入力したデータはDataGridコントロールに追加される。
  (1)既存行では、データを編集できる。
  (2)新規行では、新しいデータを入力できる。

 しかし、実際のDataGridコントロールの利用では、ユーザーがデータを変更したり、追加したりできないようにして、表示専用にしたい場合があるだろう。そのような場合には、DataGridコントロールでの行の追加/削除およびデータ編集を禁止することができる。

行の追加/削除およびデータ編集を禁止したDataGridコントロール 行の追加/削除およびデータ編集を禁止したDataGridコントロール
DataGridコントロールでは、行の追加/削除、データ編集を禁止することもできる。
  (1)既存行のデータ編集ができない。
  (2)新規行で新しいデータを追加できない。

 上図のように、DataGridコントロールで行の追加/削除やデータ編集を禁止するには、DataGridコントロールのデータソースとして設定している、DataTableクラスのビューを表すDataViewクラス(System.Data名前空間)のオブジェクトの次の3つのプロパティをfalseに指定すればよい(いずれのプロパティもデフォルトはtrueになっている)。

  • AllowNewプロパティ(新規行属性)
  • AllowDeleteプロパティ(行削除属性)
  • AllowEditプロパティ(データ編集属性)

 これらのプロパティ設定を行う具体的なコードを次に示す。なお、このコードでは、DataGridコントロールのビューとして、DataTableクラス既定のDataViewオブジェクトであるDefaultViewプロパティを使っている。

private void Form1_Load(object sender, System.EventArgs e)
{
  // テーブルを作成
  DataSet dataSet1 = new DataSet("商品マスター");
  DataTable dataTable1  = dataSet1.Tables.Add("商品テーブル");
  DataColumn dataClumn1 = dataTable1.Columns.Add("ID", typeof(int));
  DataColumn dataClumn2 = dataTable1.Columns.Add("商品");
  DataColumn dataClumn3 = dataTable1.Columns.Add("個数", typeof(int));

  // テーブルにデータを追加
  dataTable1.Rows.Add(new Object[] {1, "みかん", 100});
  dataTable1.Rows.Add(new Object[] {2, "パイナップル", 300});
  dataTable1.Rows.Add(new Object[] {3, "バナナ", 120});
  dataTable1.Rows.Add(new Object[] {4, "すいか", 280});
  dataTable1.Rows.Add(new Object[] {5, "いちご", 200});
  dataTable1.Rows.Add(new Object[] {6, "メロン", 150});

  // データグリッドの行の追加と削除、データ編集を不許可にする
  dataTable1.DefaultView.AllowNew = false;
  dataTable1.DefaultView.AllowDelete = false;
  dataTable1.DefaultView.AllowEdit = false;

  // データグリッドにテーブルを表示する
  // (データソースにDataViewを使う)
  dataGrid1.SetDataBinding(dataTable1.DefaultView, "");
}

DataGridコントロールで行の追加/削除およびデータ編集を禁止するC#のプログラム
サンプル・プログラム(C#:dgallownew.cs、VB.NET:dgallownew.vb)のダウンロード

 前述のDataViewクラスの3つのプロパティ設定をDataGridコントロールに反映させるためには、プロパティ設定したDataViewオブジェクトをDataGridコントロールのデータソース(DataSourceプロパティ)に指定しなければならない。これには、DataGridコントロールのSetDataBindingメソッドを使う(もちろんDataSourceプロパティに直接代入することもできるが、その場合DataMemberプロパティも同時に設定する必要がある)。

 もしSetDataBindingメソッドで、DataGridコントロールのデータソース(第1パラメータ)にDataSetクラス(System.Data名前空間)のオブジェクトを指定した場合は、行の追加/削除やデータ編集を禁止するプロパティは使用できない(DataGridコントロールに反映されない)。これらのプロパティをDataGridコントロールに反映させるには、そのデータソースとして必ずDataViewクラスのオブジェクトを設定する必要がある。ただし、DataTableクラスのオブジェクトをデータソースに指定した場合には、そのDataTableクラスのDafaultViewプロパティがDataGridコントロールのビューとして使われるため、行の追加/削除やデータ編集を禁止するプロパティが設定可能となる。

カテゴリ:Windowsフォーム 処理対象:DataGridコントロール
使用ライブラリ:DataGridコントロール
使用ライブラリ:DataTableクラス(System.Data名前空間)
使用ライブラリ:DataViewクラス(System.Data名前空間)
使用ライブラリ:DataSetクラス(System.Data名前空間)


「.NET TIPS」のインデックス

.NET TIPS

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。