連載
» 2004年07月23日 00時00分 公開

基礎から学ぶWindowsネットワーク:第19回 NetBIOS over TCP/IPプロトコル(その2) (4/4)

[デジタルアドバンテージ,著]
前のページへ 1|2|3|4       

 NBT環境では、NetBIOSとTCP/IPプロトコルが組み合わせられた結果、さまざまな名前解決の手段が提供されている。NetBIOSのキャッシュとNBTのブロードキャストだけでなく、WINSサーバやDNSサーバ、lmhostsファイル、hostsファイルなどである。これらが実際にどのように組み合わされ、どのような順番で適用されるのかは、ネットワークの設定によって変わってくる。ここでは、NBT環境における名前解決の手段について解説しておく。

NBTのノード・タイプ

 いままでの例では、NetBIOS名の解決方法として、ブロードキャストとWINSサーバへの問い合わせについて解説した。だが実際には、ネットワークの設定によってはWINSサーバを使わないこともある。これを決めるのが「NBTのノード・タイプ」と呼ばれる、NBTの名前解決手段のタイプである。ノード・タイプには以下のようなものがある。

タイプ 動作
b(broadcast)ノード ブロードキャストのみを利用して名前の登録と解決を行う
p(point-to-point)ノード NetBIOSネーム・サーバ(WINSサーバ)を利用して名前の登録と解決を行う
m(mixed)ノード ブロードキャストを利用して名前の登録を行う。名前の解決はまずブロードキャストで試み、失敗すればNetBIOSネーム・サーバ(WINSサーバ)を利用する
h(hybrid)ノード NetBIOSネーム・サーバ(WINSサーバ)を利用して名前の登録と解決を行う。基本的にはpノードと同じだが、NetBIOSネーム・サーバでの解決が失敗するとブロードキャストを利用する
NBTのノード・タイプ
これらのノード・タイプは、RFC 1001(NBTの仕様書)で決められているものを基にして、Windowsネットワーク向けに機能拡張されたもの。NetBIOSネーム・サーバとは、NetBIOSの名前解決を担当するサーバのことであり(RFC中で定義された用語)、Windows OSではWINSサーバに相当する。

 現在のノード・タイプの設定がどのようになっているかは、コマンド・プロンプト上で「ipconfig /all」を実行すればよい。「Node Type」のところに表示されているのがNBTのノード・タイプである。

C:\>ipconfig /all

Windows IP Configuration

   Host Name . . . . . . . . . . . . : server
   Primary Dns Suffix  . . . . . . . : d-advantage.jp
   Node Type . . . . . . . . . . . . : Hybrid …ノード・タイプ
   IP Routing Enabled. . . . . . . . : Yes
   WINS Proxy Enabled. . . . . . . . : No
   DNS Suffix Search List. . . . . . : d-advantage.jp
(以下省略)

 このノード・タイプはレジストリで設定することも可能であるが、一般的にはDHCPサーバ側で設定して、クライアント・マシンに配布する。レジストリの設定については、サポート技術情報の「Microsoft クライアントのデフォルトのノード タイプ」や「Microsoft Windows Server 2003 TCP/IP 実装詳細」にあるNodeTypeの説明を参照していただきたい。

名前解決の手順

 NBTにおける名前解決は、以上のノード・タイプも組み合わせて、次のようになっている。上にある方が優先度が高く、先に試行が行われる。そして失敗すると、さらに次の手段(下の方)が順に実行される(ただしWindows OSのバージョンによって細部は異なる)。

NBTにおける名前解決手順
NBTにおける名前解決の標準的な手順。まずローカルのキャッシュやブロードキャスト、WINSサーバなど、動的な名前解決を試み、それでみつからなければlmhostsやhosts、DNSサーバなどを参照する。ただしWindows OSのバージョンによって細部には違いがある。

 ノード・タイプの種類に応じて、WINSサーバを参照するか、ブロードキャストを利用するかなどが変わるが、基本的にはこのような順番で解決が行われる。動的なデータベース(キャッシュやWINSサーバ)の優先度が高く、静的なデータベース(lmhostsファイルやhostsファイル)の優先度は低い。IPアドレスが動的に決まることが多く、またNetBIOS名とIPアドレスの関係が固定的でない場合が多いことを考えると、このような順番はそう違和感はないだろう。


「連載 基礎から学ぶWindowsネットワーク ―― Windowsネットワーク管理者への道 ―― 」のインデックス

連載 基礎から学ぶWindowsネットワーク ―― Windowsネットワーク管理者への道 ―― 

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。