連載
» 2004年11月17日 00時00分 公開

基礎から学ぶExchange Server 2003運用管理:第1回 Exchange Server 2003の機能概要 (2/3)

[松本美穂,IT Training Studio]

Exchange Server 2003とは

 前述したとおり、Exchange Server は、2003年8月に発売されたマイクロソフトのメッセージング&コラボレーション・プラットフォームである。メール・サーバとしての機能とグループウェアとしての機能を併せ持ち、企業内メール・システムやインターネット・メール・サーバ(SMTPサーバ)、情報共有基盤として利用できる。

 Exchange Serverの標準クライアントはMicrosoft Office Outlook 2003(以下Outlook)である。次の画面のように電子メールの送受信やスケジュール共有、会議依頼、アドレス帳、電子掲示板などが利用できる。

Exchange Serverの標準クライアント“Outlook 2003”
マイクロソフトが提供するExchange Serverの標準クライアントは、OfficeアプリケーションのOutlookである。OutlookとExchange Serverを組み合わせることで、複数のメンバーによるスケジュール管理や共有フォルダ機能などが利用できるようになる。

 ただしOutlook以外でも、Webブラウザや携帯電話、POP3/IMAP4対応の電子メール・ソフトウェアからもExchange Serverにアクセスすることができる(ただし、POP3/IMAP4メール・ソフトウェアが利用できるのはメール・サーバ機能のみ)。追加のソフトウェアを購入することなく、標準でWebブラウザと携帯電話に対応しているのはExchange Serverの大きな魅力の1つだろう。次の画面はWebブラウザからアクセスしたときの様子である。

Outlook Web Access(OWA)
OWAを利用すれば、Webブラウザ(IE)からExchange Serverにアクセスすることもできる。画面から分かるとおり、Outlookを利用する場合と同様に各種機能を利用できる。

 この機能は「Outlook Web Access(OWA)」と呼ばれ、Outlookとほとんど同じ機能と操作性を提供している。メールを自動仕分けするための「仕訳ルール」やスケジュール登録したイベントの通知機能「アラーム」、右クリックのポップアップ・メニューにも対応しており、Webブラウザであることを感じさせないほどよくできている(ちなみにOWAの初期バージョンは、使い勝手/パフォーマンスともお粗末なものだったが、Exchange 2000 Serverからは大きく改善された)。

 次の画面は携帯電話(i-mode)からアクセスしたときの様子である。

Outlook Mobile Access(OMA)
OMAを利用すれば、携帯電話(i-mode)からExchange Serverにアクセスできる。標準でこうした機能を利用できるのはExchange Serverの大きな特徴だ。

 この機能は「Outlook Mobile Access(OMA)」と呼ばれ、Exchange Server 2003からの新機能である。設定はとても簡単で、Exchange Serverの管理ツールからOMAを有効にするためのチェック・ボックスをチェックするだけでよい。携帯電話からはURLに「http://サーバ名/oma」と入力すればアクセス可能になる(通常はSSLを利用)。

 このように企業内メール・システムとしての利用がExchange Serverの最も基本的な使い方である。そのほかSMTPにも対応しているので、インターネット・メール・サーバとしても利用できるし、スケジュール共有、会議依頼、電子掲示板といったグループウェア機能も持っている。では、Lotus Notes/Domino(IBM)やサイボウズ Office(サイボウズ)など他社製のメール・サーバ/グループウェアと比較して、Exchange Serverはどういった点が導入メリットになるだろうか? 以降では導入メリットについて説明していこう。

【コラム】Exchange Serverの歴史

 Exchange Serverが最初に登場したのは1996年である。その前身となったファイル共有型のメッセージング・システム「Microsoft Mail」の欠点を払しょくするべく、クライアント/サーバ型アーキテクチャを採用した。また、当時グループウェアとして隆盛を極めていたLotus Notesの対抗馬として、マイクロソフトが力を注いだ製品でもある。

発売日 Exchange Serverのバージョン
1996年6月 Exchange Server 4.0
1997年4月 Exchange Server 5.0
1997年11月 Exchange Server 5.5
2000年11月 Exchange 2000 Server
2003年8月 Exchange Server 2003

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。