連載
» 2005年03月10日 00時00分 公開

基礎から学ぶWindowsネットワーク:第23回 コンピュータの一覧を管理するブラウザ・サービス (3/3)

[打越浩幸,デジタルアドバンテージ]
前のページへ 1|2|3       

 ここでは、ブラウザ・サービスに関する情報を取得する、browstatコマンドについて解説する。

 browstatは、ブラウザに関する情報を表示するためのコマンドであり、サポート・ツールに含まれている。現在のブラウザの状態を調査したり、ブラウズ・リストを取得するほか、ブラウザ選定パケットを強制的に送信したり、ブラウザ・サービスの統計情報を表示させたりできる。

 オプションなしでbrowstatを実行すると、次のようにヘルプが表示される。

C:\>browstat -n
Usage: BROWSTAT Command [Options | /HELP]
Where <Command> is one of:

ELECT         ( EL) - Force election on remote domain
GETBLIST      ( GB) - Get backup list for domain
GETMASTER     ( GM) - Get remote Master Browser name (using NetBIOS)
GETPDC        ( GP) - Get PDC name (using NetBIOS)
LISTWFW       (WFW) - List WFW servers that are actually running browser
STATS         (STS) - Dump browser statistics
STATUS        (STA) - Display status about a domain
TICKLE        (TIC) - Force remote master to stop
VIEW          ( VW) - Remote NetServerEnum to a server or domain on transport
DUMPNET       ( DN) - Display the list of transports bound to browser
Unknown switch specified
In server (or domain) list displays, the following flags are used:
     W=Workstation, S=Server, SQL=SQLServer, PDC=PrimaryDomainController,
     BDC=BackupDomainController, TS=TimeSource, AFP=AFPServer, NV=Novell,
     MBC=MemberServer, PQ=PrintServer, DL=DialinServer, XN=Xenix,
     NT=Windows NT, WFW=WindowsForWorkgroups, MFPN=MS Netware,
     SS=StandardServer, PBR=PotentialBrowser, BBR=BackupBrowser,
     MBR=MasterBrowser, OSF=OSFServer, VMS=VMSServer, W95=Windows95,
     DFS=DistributedFileSystem, CLUS=NTCluster, DCE=IBM DSS

ネットワーク・プロトコルの表示

 ブラウザはネットワークのプロトコルごとに存在するが、まず、システムにどのようなプロトコルがインストールされているかを調べておこう。このためには、browstat dumpnetコマンドを使用する。

C:\>browstat dumpnet

List of transports currently bound to the browser

     1 \Device\NetBT_Tcpip_{5EEF6D99-82C4-49ED-B54C-018725A8C508}
     2 \Device\Nbf_NdisWanNbfIn{A1B5E27A-BB2A-412C-95BE-1FCFFFB34688}
     3 \Device\Nbf_NdisWanNbfIn{D6ECC0FD-E1C9-4BDF-A914-33CCF51069F0}
     4 \Device\Nbf_NdisWanNbfOut{93D2699C-61F1-403E-8579-9FE01BEB5832}
     5 \Device\Nbf_{5EEF6D99-82C4-49ED-B54C-018725A8C508}
     6 \Device\NwlnkNb
     7 \Device\NwlnkIpx

 ここでは全部で7つのネットワーク・インターフェイス(プロトコル別の論理インターフェイス)が表示されている。例えば1はNBT(NetBIOS over TCP/IP)、5はNetBEUIである。以後のbrowstatコマンドでは、この左端の数値か、\Device\Nbf_……という表記を利用する。

ブラウズ・リストの表示

 ブラウズ・リストの状態を表示するには、「browstat view」コマンドを利用する。パラメータには、先ほどのインターフェイス(プロトコル)番号を指定する。

C:\>browstat view 1 …NBTを表示
Remoting NetServerEnum to \\ATHLON64 on transport \Device\NetBT_Tcpip_{5EEF6D99-82C4-49ED-B54C-018725A8C508} with flags ffffffff
7 entries returned.  7 total. 10 milliseconds

\\ATHLON64          NT   05.01 (W,S,NT,PBR,MBR) …マスタ・ブラウザ
\\WIN2000PRO-01     NT   05.00 (W,S,NT,PBR)
\\WIN2000PRO-02     NT   05.00 (W,S,NT,PBR)
\\WIN2000PRO-03     NT   05.00 (W,S,NT,PBR)
\\WIN2000PRO-04     NT   05.00 (W,S,NT,PBR)
\\WIN2000PRO-05     NT   05.00 (W,S,NT,PBR)
\\WIN2000SVR-01     NT   05.00 (W,S,NT,SS,BBR,02000000) …バックアップ・ブラウザ

 このドメイン/ワークグループには、全部で7台のコンピュータが存在することが分かる。単に「net view」コマンドを実行すると、ほかのプロトコルによる結果も混じって表示されるが、このコマンドを利用すると、ブラウザから取得したままの情報を表示させることができる。

 左端に表示されているのがサーバ名、その次にある「NT 05.00」などはOSのバージョンである(Windows 2000やWindows Server 2003はすべてNTと表示される)。

 右端にある「(W,S,NT,PBR,MBR)」はブラウザのタイプであり、その記号の意味はbrowstatのヘルプ(browstat /?で表示される)の最後を見ていただきたい。この例でいえば、マスタ・ブラウザは\\ATHLON64、バックアップ・ブラウザは\\WIN2000SVR-01となっている。

記号 原語 意味
W Workstation ファイル共有のクライアント・サービス
S Server ファイル共有のサーバ・サービス)
PDC Primary Domain Controller プライマリ・ドメイン・コントローラ
BDC Backup Domain Controller バックアップ・ドメイン・コントローラ
NT Windows NT Windows NT系OS
SS Standard Server サーバOS
PBR Potential Browser ポテンシャル・ブラウザ
BBR Backup Browser バックアップ・ブラウザ
MBR Master Browser マスタ・ブラウザ
主な省略記号

参考情報ブラウザ オペレーションに関する情報(マイクロソフト サポート技術情報)

「連載 基礎から学ぶWindowsネットワーク ―― Windowsネットワーク管理者への道 ―― 」のインデックス

連載 基礎から学ぶWindowsネットワーク ―― Windowsネットワーク管理者への道 ―― 

前のページへ 1|2|3       

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。