連載
» 2005年03月17日 00時00分 公開

基礎から学ぶExchange Server 2003運用管理:第3回 Exchange Server 2003インストール後の動作確認 (1/3)

インストールが完了したら、アカウントとメールボックスを作成し、クライアントとなるOutlookを設定してメールの送受信を確認しよう。

[松本美穂,IT Training Studio]
基礎から学ぶExchange Server 2003運用管理
Windows Server Insider

 

「基礎から学ぶExchange Server 2003運用管理」のインデックス

連載目次

 前回はExchange Server 2003(以下、特にバージョンを明記せず“Exchange Server”と表記した場合はExchange Server 2003を指すものとする)のインストールについて説明した。今回はインストール後に追加されるメニューとメールの送受信を行うための設定について説明する。

インストール後のメニュー

 Exchange Serverのインストールが完了すると、[スタート]メニューの[すべてのプログラム]に[Microsoft Exchange]サブメニューが追加される。

インストール後の[Microsoft Exchange]サブメニュー
[Active Directoryユーザーとコンピュータ]と[システム マネージャ]がExchange Serverの管理ツールである。

■Active Directoryユーザーとコンピュータ
 このツールはWindows Serverの[管理ツール]メニューにある[Active Directoryユーザーとコンピュータ]と同じものである。前回説明したように、Exchange Serverのディレクトリ情報(メールボックス・アカウント)はActive Directoryと完全に統合されており、[Active Directoryユーザーとコンピュータ]を使ってExchange Serverのメールボックスを作成/管理するようになっている。

「Active Directoryユーザーとコンピュータ」ツール
Exchange Serverのメールボックス・アカウントはActive Directoryと統合されているので、このツールを使ってExchange Serverのメールボックスを作成/管理する。

■システム・マネージャ
 システム・マネージャは、メールボックスの作成を除いたほとんどすべての管理作業が行えるツールである。メールの最大サイズの設定や各種フィルタ設定(特定のメールアドレスからのメールの送受信をブロックするなど)、メールの配信状況の監視、メールボックスの格納先となる「ストレージ・グループ」の管理、SMTPPOP3/IMAP4といった各種プロトコルの設定、セキュリティ設定などを行える。これらの詳細は今後解説する予定である。

システム・マネージャ
メールボックスの作成を除いたほとんどすべての管理作業が行える。

■Exchange Serverのヘルプ
 Exchange Serverのヘルプは[スタート]メニューには登録されない。ヘルプを起動するには、システム・マネージャから行う必要がある。次のようにシステム・マネージャの[ヘルプ]メニューから[トピックの選択]をクリックするとヘルプを起動できる。

Exchange Serverのヘルプの起動
Exchange Serverのヘルプを起動するには、システム・マネージャの[ヘルプ]メニューから[トピックの検索]をクリックする。

■[展開]サブメニュー
 このメニューには[移行ウィザード]と[Active Directoryアカウント クリーンアップ ウィザード]がある。前者は、Exchange Server 5.5/Exchange 2000 Serverやほかのメールシステムからメールボックスを移行したい場合に利用する。後者は、移行の際に発生したActive Directoryの重複アカウントを検索して、マージ(統合)したい場合に利用する。

移行ウィザード
移行ウィザードを利用すると、Exchange Server 5.5/2000やほかのメールシステムからメールボックスを移行できる。

■[追加のリソース]サブメニュー
 このメニューは、Exchange ServerのWebサイトや更新プログラム、技術情報へのリンク(URL)となっている。

[追加のリソース]メニュー
ここには、Exchange ServerのWebサイトや更新プログラム、技術情報へのリンクが含まれている。

【コラム】Windows XP Professional SP2へExchange Serverの管理ツールをインストールする

 ここではWindows XP ProfessionalのService Pack 2(SP2)にExchange Serverの管理ツールをインストールする手順を紹介する。

手順1:IISの管理ツールである「インターネット インフォメーション サービス スナップイン」をインストールする

「インターネット インフォメーション サービス スナップイン」のインストール
コントロール・パネルの「プログラムの追加と削除」で「Windowsコンポーネントの追加と削除」を実行し、「インターネット インフォメーション サービス(IIS)」のサブコンポーネントから「インターネット インフォメーション サービス スナップイン」を選択する。なお、Windows XP ProfessionalのSP1の場合には、「WWW(World Wide Web)サービス」と「SMTP Service」も選択しておく必要がある。

手順2:Windows Server 2003管理ツールパックをインストールする

 Windows Server 2003のインストール用CD-ROMの「i386」フォルダにある「AdminPack.msi」を実行し、管理ツールパックをインストールする。

手順3:Exchange Server管理ツールをインストールする

Exchange Server管理ツールのインストール
Exchange Serverのインストール用CD-ROMからインストール・ウィザードを起動し、「コンポーネントの選択」画面まで進む。「アクション」で「カスタム」を選択し、「Microsoft Exchangeシステム管理ツール」を選択してインストールする。



       1|2|3 次のページへ

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。