連載
» 2005年04月29日 00時00分 公開

自分の価値観は何だったのかキャリアビジョンづくりから始めよう(2)

キャリアビジョンを「かたち」にする「行動」の第一歩として、今回は“自分情報を集め整理する”ということをしてみる。そしてそれを“今”にどのように生かすのか。キャリアビジョン実現へのルートを短距離にするための活用方法をご案内しよう。

[関口みゆき,特定非営利活動法人 キャリアカウンセリング協会]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

自分情報を整理する

 「自分のことは自分が一番よく知っている」。本当でしょうか?

 最近、就職活動に際しては、“自分を知る”ということの大切さが語られ、就職本や情報誌でこの言葉を目にすることも多く、実際、就職活動のサポートでもこのことに多くの時間がかけられています。しかしいまの自分・過去の自分にかかわらず、自分自身と向き合い、それを掘り起こしていく過程は思いのほかつらいことであったり、なかなかハードルの高い作業だと思います。

 自分探しとは、

  • 自分の性格や人柄・コミュニケーションの特性。それらの強みと弱み
  • 自分は何に関心や興味があるのか。好きなことややってみたいことは何か
  • 毎日の生活では何に価値を感じているのか。かけがえのないものと感じるものはなにか
  • どんな得意なことや才能・能力があって、知識として何を学んできたのか
  • 何が身に付いているのか
  • いまの環境はどうで、自分の市場価値をどう見ているのか、どう計るのか

 こうしたことを切り口として、そのそれぞれを自分情報として整理していくことなのですが、この過程が皆さんの戦力となるようなステップをご紹介したいと思っています。客観的なアセスメントや他者からの視点、また作業の過程で見えてきたものやその結果で、どこの誰とも同じではない“自分”が見えてくるでしょう。

過去の中に“宝さがし”

 前回「キャリアとキャリアビジョンを考える」は、過去に心が動いたシーンに基づいて、自分の大切なもの、こだわり、捨てることのできないものを掘り出してみることをお勧めしました。これまで進んできた道にこそ、その過程でつかんできたたくさんのものが詰まっています。その過去の経験の中に宝さがしをしてみましょう。

 以下のようなシートを用意しました。できるだけ多くの過去の自分に目を向けていただければと思います。何枚も書いてみましょう。

「経験の棚卸しシート」
(1)印象に残る過去の出来事を思い出してください
自分がやってきたことで
・ 大変だったこと、頑張ったこと、うまくいったこと、うまく進まなかったこと
・ 思い出として大切にしていることなど






(2)そのときの問題や課題がありましたか。それはどんなものでしたか









(3)その取り組みや、問題解決などのためにどんな工夫をしましたか









(4)そのときどんな気持ちを感じましたか









(5)そのときできたことやできるようになったこと、そこで学んだことなどがあったら書きましょう









 このシートを何枚も集めていくと、そこに共通しているものが見えてきます。例えば、あなたは「何にこだわって」「何を基準に」物事を判断しているのでしょうか。お金、人とのかかわり、人からの期待、自分自身の望み……。その「基準」がはっきりすれば、「何が」満たされれば満足感が得られるかが分かります。何を大切にし、仕事を通して何を求めているのか。それはあなたの「価値観」にほかなりません。

自分の価値観は何だったのか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。