連載
» 2020年05月20日 05時00分 公開

Tech TIPS:【リモートワーク自由自在】リモートデスクトップの便利なショートカットキー(Windows編)

リモートデスクトップをウィンドウ表示にしていると、Windows OS標準のショートカットキーが効かないことがある。そのような場合は、リモートデスクトップ専用のショートカットキーを利用するか、接続時のオプション設定を変更すれば解決できる。

[小川誉久, 島田広道,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

ウィンドウ表示のリモートデスクトップではショートカットキーが効かない!? ウィンドウ表示のリモートデスクトップではショートカットキーが効かない!?
リモートデスクトップのウィンドウをアクティブにしてから[Alt]+[Esc]キーを押しても、切り替わるのはローカルPCのアプリで、リモートPCには効かない。

対象OS:Windows 10


 リモートデスクトップを利用すると、手元のローカルPCとほぼ同じ操作感覚で、接続先のリモートPCを操作できる。

 ところが、Windows OSなら必ず使えるはずのキーボードショートカット(ショートカットキー)が、「リモートデスクトップでは通用しない」という経験をしたことはないだろうか?

 例えば、リモートPCのシステムを再起動しようとして、リモートデスクトップの画面を開いた状態で[Ctrl]+[Alt]+[Delete]キーを押すと、ローカルPCのセキュリティ画面が表示されてしまう。うっかりそのまま再起動を選ぶと、意図していなかったローカルPCの再起動が実行されてしまう。

 またリモートデスクトップを(全画面ではなく)ウィンドウに表示している場合、アプリ(ウィンドウ)を切り替える[Alt]+[Esc]キーについても同じことが当てはまる。このとき、[Alt]+[Esc]キーを押して切り替わるのはリモートPCではなくローカルPCのアプリだ。

 そこで本Tech TIPSでは、Windows 10からWindows OSへリモートデスクトップで接続する、すなわちクライアントがWindows OSという前提で、リモートデスクトップで使える便利なショートカットキーを紹介する。

リモートデスクトップで使える便利なショートカットキー

 リモートデスクトップをウィンドウ表示で利用する場合、Windows 10で使える一部のショートカットキーについては、以下のようにリモートデスクトップ専用のショートカットキーに置き換えて入力する。

  リモートPCを操作するショートカットキー ローカルPCに対する操作で該当するショートカットキー 内容
  ウィンドウ(アプリ)の切り替え
  Alt]+[PageUp Alt]+[Tab 現在開かれているウィンドウをアイコン一覧としてポップアップし、アクティブなウィンドウを左から右に順に切り替える
  Alt]+[PageDown Alt]+[Shift]+[Tab 現在開かれているウィンドウをアイコン一覧としてポップアップし、アクティブなウィンドウを右から左に順に切り替える
  Alt]+[Insert Alt]+[Esc アクティブなウィンドウを開いた順番に切り替える
  Alt]+[Shift]+[Insert Alt]+[Shift]+[Esc アクティブなウィンドウを、開いた順番の逆に切り替える
  メニューやセキュリティ画面の表示
  Alt]+[Home Ctrl]+[Esc]または[Windows]キー スタート]メニューまたは[スタート]画面を表示する
  Ctrl]+[Alt]+[End Ctrl]+[Alt]+[Delete Windowsのセキュリティ]画面を表示する
  Alt]+[Delete Alt]+スペースバー アクティブなウィンドウのシステムメニューを表示する(マウスでウィンドウタイトルバーの左端をクリックしたときに表示されるメニュー)
  スクリーンショット
  Ctrl]+[Alt]+テンキーの[ Print Screen 全画面のスクリーンショットをクリップボードに転送する
  Ctrl]+[Alt]+テンキーの[ Alt]+[Print Screen アクティブなウィンドウのスクリーンショットをクリップボードに転送する
  リモートデスクトップの全画面/ウィンドウ表示の切り替え
  Ctrl]+[Alt]+[Break]または[Ctrl]+[Alt]+[Pause リモートデスクトップウィンドウのウィンドウ表示と全画面表示を切り替える
リモートデスクトップ操作用のショートカットキー(ウィンドウ表示時)
「テンキーの[]」や「テンキーの[]」とは、キーボード右側の数字キーが並ぶ部分にある「」や「」キーのことである。左側のメイン部分(英字キー部分)にある「」や「」キーではない。

 ちなみに[Ctrl]+[Alt]+テンキーの[]キーや[Ctrl]+[Alt]+テンキーの[]キーによるリモートデスクトップの画面キャプチャーでは、キャプチャー結果がリモートPCとローカルPCのクリップボードの双方に転送される。例えば、[Ctrl]+[Alt]+テンキーの[]キーでリモートデスクトップの画面をキャプチャーして、ローカルPC上のペイントツールにペーストできる。

●全画面表示だとほとんどのショートカットキーはそのまま使える

 一方、リモートデスクトップを全画面表示にすると、ショートカットキーは一部を除いて、ローカルPCと同じものがそのままリモートPCにも通用する(逆に、前出のリモートデスクトップ専用のショートカットキーは利用できなくなる)。

 例外は[Ctrl]+[Alt]+[Delete]キーで、これを押すと全画面表示でもローカルPCのセキュリティ画面が表示されてしまう。リモートPCのセキュリティ画面を表示するには、ウィンドウ表示時と同じく[Ctrl]+[Alt]+[End]キーを押す必要がある。

 全画面表示で利用できるショートカットキーのうち、ローカルPCの場合とキー割り当てが異なるもの(またはローカルPCでは存在しないもの)を以下に記す。

リモートPCを操作するショートカットキー 内容
Ctrl]+[Alt]+[End Windowsのセキュリティ]画面を表示する
Ctrl]+[Alt]+[Break]または[Ctrl]+[Alt]+[Pause リモートデスクトップウィンドウのウィンドウ表示と全画面表示を切り替える
Ctrl]+[Alt]+[Home 接続バーを表示する(リモートデスクトップの上端に表示されるウィンドウ操作や接続情報、セキュリティ情報のためのバー)
リモートデスクトップ操作用のショートカットキー(全画面表示時)
上記以外の操作については、ローカルPCと同じショートカットキーが利用できる。

リモートデスクトップでもほぼ同じショートカットキーを利用するには?

 リモートデスクトップ接続アプリのオプション設定を変更すると、ウィンドウ表示でも、ほとんどのショートカットキーをそのままリモートPCで利用できるようになる。

 それにはリモートデスクトップ接続アプリを起動して、[オプションの表示]をクリックして表示される[ローカルリソース]タブを選び、「キーボード」欄のプルダウンリストボックスで[リモートコンピューター]を選んでから接続する(デフォルトは「全画面表示の使用時のみ」)。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

8月8日10時30分〜16時30分の間、システムメンテナンスのため記事の一部表示や資料のダウンロードができなくなります。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。