連載
» 2005年11月05日 00時00分 公開

.NETでOracleアプリを作ろう(1):Oracleにおける.NET開発環境の概要 (4/4)

[小海友和,日本オラクル]
前のページへ 1|2|3|4       

Oracle Database Extensions for .NET(ODE.NET)による.NETストアドプロシージャ

 SQL Server 2005ではSQL CLRと呼ばれるCLR統合機能が追加され話題を呼んでいますが、Oracleデータベースでも、同様の機能がOracle Database 10g Release2から追加されます注2。それがODE.NETです。ODE.NETは、図9のようにOracleデータベースの外部プロシージャとして動作するCLRのホスト機能を提供することでこの機能を実現しています。

図9 ODE.NETのアーキテクチャ 図9 ODE.NETのアーキテクチャ
注2:Windows版でのみ利用可能。

 .NETストアドプロシージャを作成するためには、ODT 10.2のインストールが必須です注3。ODTがインストールされた環境でVS.NETを起動すると、新しいプロジェクトとして、「Oracle Project」を選択することができます(図10)。

図10 Oracle Projectが追加されている(赤丸部分) 図10 Oracle Projectが追加されている(赤丸部分)
注3:ODT 10.2.0.1は、以下のURLよりダウンロードが可能です。

 ▼http://otn.oracle.co.jp/tech/dotnet/index.html

ただし、データベース・キャラクタ・セットが、Unicodeまたはマルチバイトの場合、.NETアセンブリのデプロイが正常に終了しません。この問題が解消されたモジュールは、準備が出来次第、OTN-Jで公開される予定です。修正モジュールの提供開始以前にODE.NETをお試しいただく場合は、データベース・キャラクタ・セットにUS7ASCIIなどのシングルバイト系のものを指定してデータベースを作成してください。

 Oracle Projectは、.NETストアドプロシージャを作成するためのテンプレートを提供します。これにより、開発者はプロシージャのロジックの作成に専念することができます。.NETストアドプロシージャの元となる.NETアセンブリ内でOracleデータベースに接続する必要がある場合、ODP.NETを使用できます。

 .NETアセンブリのビルドが無事完了したら、やはりVS.NETからOracleデータベースへ完成した.NETアセンブリをデプロイします。デプロイには、ODTの1つのコンポーネントである、Oracle Deployment Wizard for .NETを使用しますが、これもVS.NETに完全に統合されていますので、違和感なくデプロイまでが完了します(図11)。

図11 .NETストアドプロシージャのデプロイ 図11 .NETストアドプロシージャのデプロイ

 問題なくデプロイが完了すれば、通常のPL/SQLプロシージャ同様にアプリケーションや、ほかのストアドプロシージャなどから実行することが可能となります。


 次回からは、これらの機能やツールを簡単なサンプルアプリケーションの作成を行いながら具体的に解説していきます。どうぞご期待ください。


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。