連載
» 2006年01月17日 00時00分 公開

実用 Apache 2.0運用・管理術(7):Apacheで作るファイルサーバ(LDAP認証編) (4/4)

[鶴長鎮一,@IT]
前のページへ 1|2|3|4       

Appendix:ソースからのインストール

 OpenLDAPをソースからインストールする場合は、「LDAPによるパスワードの一元管理」が参考になります。その際、slapd.confに以下の2行が追加されていることを確認してください。エントリの追加などの設定はRPMパッケージを使った場合と同様です。

include         /usr/local/ldap/etc/openldap/schema/cosine.schema
include         /usr/local/ldap/etc/openldap/schema/
inetorgperson.schema
slapd.conf
注:schemaファイルの位置は環境に合わせて適宜変更してください。

 WebDAV over SSL+LDAP認証のためのhttpd.confの修正は、以下のとおりです。

(省略)
#ロックファイルのための設定
<IfModule mod_dav_fs.c>
    # Location of the WebDAV lock database.
    DAVLockDB /var/lib/dav/lockdb
</IfModule>
 
#for WebDAV
Alias   /webdav    "/var/www/webdav" ←フォルダのURLは「https://サーバ/webdav」
<Location /webdav>
        DAV on
        SSLRequireSSL
        AuthType        Basic
        AuthName        "WebDAV Server"
        AuthLDAPURL     ldap://LDAPサーバのアドレス/o=example,c=jp?uid
        require valid-user
</Location>
/usr/local/apache2/conf/httpd.conf

Apacheの起動

 Apache起動時にSSL通信を有効化するには、apachectlを以下のように実行する必要があります。stopやrestartはSSLの有無にかかわらず同じように使用可能です。

# /usr/local/apache2/bin/apachectl sslstart

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。