連載
» 2006年02月09日 00時00分 公開

第1回 Windows Server 2003 R2の概要Windows Server 2003 R2レビュー(3/3 ページ)

[打越浩幸,デジタルアドバンテージ]
前のページへ 1|2|3       

強化されたDFS機能

 Windows Server 2003 R2ではDFS(分散ファイル・システム)とファイル複製機能の拡張が行われ、それぞれ「DFS名前空間」と「DFSレプリケーション」という名前に変更された。複数のDFSサーバを使った冗長性の確保や、DFSサーバ間でのレプリケーション(複製)機能などが強化されている。

■DFS名前空間
 従来のDFSを拡張した機能であるが、1つのDFS共有名の下に、複数のサーバを配置することができるようになった。同じコンテンツを提供する2台以上のサーバをDFS共有名のリンク先に指定しておけば、どれか1台のサーバがダウンしていても、リンク先を自動的に切り替えて、障害を意識することなく利用できるようになる。また障害発生時に自動的にDFSのリダイレクト先を切り替えたり、DFSのツリー構造を後で変更(再構築)したりする機能も強化されている。

■DFSレプリケーション
 複数のDFSリンク先のフォルダの内容を同期する機能であり、例えば本社と支店に置いたサーバ間でコンテンツを同期させたり、複数のDFSサーバ間でコンテンツをコピーしたりといった使い方ができる。同期はファイル全体ではなく、変更のあった部分だけが送受信されるし、同期に使用する帯域やスケジュール、レプリケートの対象とする(もしくは対象外とする)ファイルやフォルダの指定機能など、レプリケートの方法を柔軟に制御することができる。

強化されたDFS機能
ブランチ・オフィス(支店)サポートの強化の1つとして、DFS機能の強化が行われている。1つのDFSリンクに対して2台以上のサーバを割り当て、負荷分散や冗長化を図ることができる。2つのDFSリンクの内容を同期させるには、DFSレプリケーション機能を利用するとよい。レプリケーションはブロック単位で効率よく行われるので、例えば、本社と支店でフォルダの内容を同期させるといった使い方ができる。

印刷の管理

 「印刷の管理」ツールは、ドメイン内のプリンタに関する管理業務をまとめた新しいツールである。ドメインやサーバのプリンタ・スプール・キューの設定や管理、ポートや用紙サイズなどの定義、グループ・ポリシーでの展開などの機能を持つ。ブランチ・オフィス(支店)に置いたプリンタのリモート管理や、ネットワーク上のプリンタの自動検出なども行える。

印刷の管理ツール
これもブランチ・オフィスのサポート機能の1つ。Active Directoryに存在している多数のプリンタを効率よく管理したり、Active Directory上に配置したりできる。

NFS/UNIX関連

 UNIX/Linux環境との相互運用性を向上させるために、Windows Server 2003 R2には、UNIX関連のサブシステム(SUA:Subsystem for UNIX-based Applications)が用意されている。これは、Windows OSに対するアドオンとして用意されていた「Services for UNIX 3.5」という製品(現在では無償で提供されている)を組み込んだものである。

 従来は別途ダウンロードして組み込む必要があったが、Windows Server 2003 R2では、あらかじめ標準オプション・コンポーネントとして用意されているため。[コントロール パネル]の[プログラムの追加と削除]で必要なコンポーネントを選択するだけで簡単にインストールできる。利用可能なUNIX関連の機能としては、POSIX/SVR-5/BSD互換サブシステム、POSIXアプリケーション・デバッグ用のVisual Studioデバッガ拡張機能、NFSサーバ/クライアント機能、NISサーバ機能、パスワード同期機能などがある。

UNIX用ID管理ツール
Windows Server 2003 R2では、従来別製品として提供されていたServices for UNIX 3.5が標準コンポーネントとして用意されている。NFS機能やNIS関連のID管理機能、UNIXとWindows OSのパスワード同期機能などが簡単に導入できる。

UNIX SDK

 以上のUNIXサポート環境には、UNIXのアプリケーションを開発するためのSDKは含まれていない。必要ならば、Windows Server 2003 R2とは別にSDKをダウンロードし、インストールする必要がある。

 このSDKをインストールすると、シェルを始めとする各種ユーティリティやコンパイラなどのツールが利用できるようになる。

UNIX SDKツールの例
UNIX(SFU)用のSDKを別途ダウンロード、インストールすると、UNIXの各種ツールや開発環境などが利用できる。これはインストールされたシェル・ツール。

ADAM(Active Directory Application Mode)

 ADAMは、Active Directoryを利用しつつ独立したディレクトリ対応アプリケーションを開発するために用意された、シンプルなLDAPディレクトリ・サービス環境である。これも、もともとはWindows Server 2003とは別に提供されていたコンポーネントであるが、Windows Server 2003 R2では標準オプション・コンポーネントとして用意されることになった。

ADFS(Active Directory Federation Services)

 ADFSを簡単にいえば、Active Directory環境で利用できるSSO機能(シングル・サインオン。1度ログオンすれば、サーバが変わっても再ログオンする必要なく、シームレスにサービスを利用できるようにする機能)を、Active Directoryのドメインやフォレストを越えて実現するための機能である。例えばある2つの独立した組織(ある会社とそのパートナー会社など)が、Active Directoryの信頼関係を結ぶことなく、SSOが可能になったり、サービスやリソースが利用可能になったりする(ただしWebベースのアプリケーションでのみ利用可能)。


「特集」のインデックス

特集

前のページへ 1|2|3       

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。