連載
» 2006年04月20日 10時00分 公開

作って覚えるEclipseプラグイン(6):Eclipseプラグインを配布するには (1/4)

[竹添直樹, 岡本隆史,NTTデータ]

 今回でEclipseプラグイン開発の入門編である「作って覚えるEclipseプラグイン」は最終回となります。これまではプラグインの実装方法を解説してきましたが、最終回では開発したプラグインの配布方法について解説します。プラグインの開発が完了し、実際にユーザーに使ってもらうためにはインストール可能な形で配布する必要があります。Eclipseプラグインの配布形態としては大きく分けて以下の2種類があります。

(1)アーカイブによる配布

 エクスポートウィザードを使用してエクスポートしたプラグインをアーカイブしたもので、ユーザーはWebサイトなどからアーカイブをダウンロードし、展開したものをEclipseのpluginsディレクトリにコピーしてインストールを行うことが可能です。

(2)更新サイトによる配布

 Eclipseの更新マネージャを使って更新サイトからネットワーク経由でプラグインをインストールします。ユーザーは更新サイトのURLを登録するだけでインストールを行うことができます。さらにプラグインのバージョンアップも更新マネージャを使って行うことができます。

 いずれの方法の場合もPDEが支援機能を提供していますので、順番に見ていきましょう。

アーカイブによる配布

 それではまずアーカイブによる配布方法を解説します。ここでは第3回に作成したXMLエディタを配布可能な形でエクスポートしてみましょう。配布するプラグインのマニフェスト・エディタ(plugin.xml)を開き、[概要]タブの右下にある[エクスポート・ウィザード]を選択します。

画面1 概要タブの右下にある[エクスポート・ウィザード]をクリック 画面1 概要タブの右下にある[エクスポート・ウィザード]をクリック

 エクスポート・ウィザードが起動します。複数のプラグインを一度にエクスポートしたい場合は[使用可能なプラグインおよびフラグメント]でチェックを入れておきます。また、[エクスポート宛先]ではプラグインのエクスポート先とディレクトリもしくはアーカイブ・ファイル(ディレクトリを指定した場合にエクスポートされるものをアーカイブしたZIPファイルが生成されます)を指定します。ここでは配布に適した形式ということでxmleditor.zipという名前のZIPファイルでエクスポートしてみます。

画面2 エクスポート 画面2 エクスポート

 [終了]をクリックするとプラグインのビルドが行われ、[エクスポート宛先]で指定したZIPファイルが生成されます。では生成されたZIPファイルの中身を見てみましょう。xmleditor.zipを解凍すると以下のようにpluginsディレクトリに格納されたJARファイルが現れます。

画面3 pluginsディレクトリにJARファイルが現れる  画面3 pluginsディレクトリにJARファイルが現れる

 これをpluginsディレクトリにコピーすればプラグインをインストールすることができます。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。