連載
» 2006年04月29日 00時00分 公開

CoolなEclipseプラグイン(11):ビルドを効率化するEclipseプラグイン (1/3)

[岡本隆史,NTTデータ 基盤システム事業本部]

 Java開発において、標準的な開発ツールとしてAntが利用されています。最近では、Mavenの2.0がリリースされ、Antの次のビルドツールとして注目を浴びつつあります。今回は、MavenのリポジトリからライブラリをダウンロードしEclipseのプロジェクトへインポートするJar Retriever、Mavenの設定ファイルpom.xmlの記述とライブラリの設定、Mavenの実行を支援するm2eclipse、ターゲットの依存関係をグラフで分かりやすく表示し、Antのビルドファイル作成を支援するAnt Explorerと、ビルドを効率化するプラグインを紹介します。

1.Jar Retrieverプラグイン

 Javaのアプリケーションを開発していて、あるライブラリを利用したくなったとします。そのライブラリがオープンソースであった場合、そのライブラリをインストールするために、まずWebブラウザでライブラリを公開しているホームページにアクセス、そのホームページからダウンロードできるリンクを探しアーカイブをzip、tgz形式でダウンロード、ダウンロードした中身を解凍、jarファイルをEclipseのワークスペースにコピー、クラスパスを設定、……といった一連の操作が必要となります。

 Jar Retrieverは、このような面倒な手順を省略し、ライブラリのリポジトリからキーワードでjarの名前を検索し、選択するだけで、jarファイルのダウンロードからクラスパスの設定まで自動的に行います。また、ダウンロードしたjarファイルのファイル名にはバージョン番号が付与されているため、ライブラリのバージョンの管理も行うことができます。

■特長

 Jar Retrieverには次のような特長があります。

  • Mavenのリポジトリに登録されている多数のjarファイルをキーワードで検索
  • jarファイルをダウンロードし、自動的にクラスパスを設定

 Jar Retrieverは、Jarファイルの検索にMaven Repo Searchを利用しています。Maven Repo Searchで検索できるjarをダウンロードすることができます。

■入手方法

 下記のJar Retriverのホームページからプラグインをダウンロードし、Eclipseのインストールディレクトリに解凍します。

■使い方

 ナビゲーションビュー等から、プロジェクトを右クリックし、[Jar Retriever]→[Add a Jar from the Internet]を選択します(図1)すると、jarの検索、追加ダイアログが表示されます。Search Keyword(s)欄にjarのファイル名の一部を入力すると、リポジトリ内のマッチするjarが表示されます(図2

図1 メニューの選択 図1 メニューの選択
図2 jarの検索、追加ダイアログ 図2 jarの検索、追加ダイアログ

 図2の状態で終了ボタンを押すと、選択したjarがプロジェクトにコピーされ、クラスパスが設定されます。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。