連載
» 2006年07月29日 00時00分 公開

Eclipseで使えるテストツールカタログ(4):Eclipseで使える動的テスト支援ツール (1/4)

Eclipseプラグインで提供されるテストツールが充実してきた。本連載では、システム開発の現場に有効なテストツールを紹介し、統合開発ツールにEclipseを選択する開発におけるテストの効率化、ソフトウェア品質の向上のヒントを提供する。(編集部)

[珍田晋之介, 岡本隆史,株式会社NTTデータ]

 JUnitを用いた単体テストを支援するツールとは、JUnitが提供する機能を拡張あるいは、テストコードの作成を支援する機能を提供する単体テストツールであり、うまく活用することで、テストにおける作業効率を向上したり、より高度なテストができるようになります。今回はTPTP、Automated Continuous Testing、djUnitプラグインを紹介します。

JUnitを用いた動的テスト

 プログラムの品質を確保するためには、これまでの連載で紹介した静的なコード解析に加え、プログラムが仕様に従い正しく実装されているか、テストにて確認する必要があります。このようなテストを、動的テストと呼びます。

 Javaで実装されたプログラムに対する単体テストにおいては、JUnitを用いた動的テストがよく知られています。JUnitでテストコードを作成することは、プログラムの初心者でも短時間で習得できること、またプログラムの修正に伴う回帰試験を実施するに当たっても非常に便利なツールです。

 このようにJUnitは単独で使用しても、非常に便利なのですが、テストコードの作成は単調になりがちで、かつ時間と労力の掛かる作業です。システムの開発で、JUnitによる単体テスト作業を実施したことのある人ならば、テストコードを作成したときに「テストの実行時間が短縮できないものか」、「ほかのクラスに依存しているようなクラスのテストが簡単に作成できればな」などと一度は思ったことがあるかと思います。

 繰り返しになりますがテストは開発者にとって一般的に非常にストレスのたまる作業です。このためテスト作業においては、ほんのささいな改善でも、非常にうれしいものです。 今回はこのJUnitのテストコードの作成を支援し動的テストを効率化してくれるツールを紹介します。

 この記事では、以下の動的テストツールを紹介します。

  • TPTP
  • Automated Continuous Testing
  • DjUnit

 本稿にて使用する検証環境は以下になります。

<本稿で使用した検証環境>

Eclipse:eclipse-SDK-3.1.1-win32.zip

日本語化パック: NLpack1-eclipse-SDK-3.1.1a-win32.zip


       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。