連載
» 2006年08月02日 00時00分 公開

5分でネットがわかるシリーズ(2):Webの情報を関連付けるタグで管理・検索を便利に (1/5)

Webサービスに大変革をもたらすという「タグ」。タグがWeb情報の分類、管理、検索にもたらすメリット知って、効果的に活用しよう

[江原顕雄,@IT]

情報管理・検索は「タグ」にお任せ!

 デジタルカメラで撮影したデータを皆さんはどうやって保存していますか? 日付ごとにフォルダを作って振り分けたり、「仕事」「旅行」「日常風景」など撮影した場所や目的で保存したり、果ては分類せずにそのまま「写真フォルダ」にすべて移動……、などなどいろいろなやり方があると思います。

 しかしどんな分け方をしても困るのが、それらの情報を検索するときです。時間軸で整理をしておくと、「友だちの律子さんと一緒に撮影した写真」を探すときに困ります。また「律子さん」というフォルダを作って、友人の律子さんが写っている写真をすべてそこに保存しても、「ハワイに行ったときの写真はどこ?」と違った要素で検索するときにとても探しづらくなります。

図1-1 いままでの写真管理では大変! 図1-1 いままでの写真管理では大変!

 写真データを例に取り上げましたが、このような問題は、ブログ、ソーシャルブックマーク、Webサイトなどなどすべてに共通する問題です。そこで登場してきた情報分類のアイデアが「タグ」という概念です。

 例えば「友人の律子さん宅に遊びに行って、一緒にお酒を飲んだ」 際に撮影した写真があるとします。この写真データそのものに「2006年」「7月」「31日」「友人」「律子」「ビール」「友人宅」「東京都」「新宿区」「プライベート」といった具体的な“情報要素”を付けていきます。

 この“情報要素”が、Web情報を管理したり検索したりする際に目印となり、データを関連付けあい、動的にデータを整理しやすくする“タグ”です。「日付」「場所」「内容」「ジャンル」……というタグによって、お目当ての写真が探しやすくなるのです。

図1-2 タグを使えばデータの管理・検索が楽 図1-2 タグを使えばデータの管理・検索が楽

 では、具体的にそのメリットを見ていきましょう。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。