連載
» 2006年08月02日 00時00分 公開

5分でネットがわかるシリーズ(2):Webの情報を関連付けるタグで管理・検索を便利に (2/5)

[江原顕雄,@IT]

ディレクトリ型、サーチ型、タグ型。検索方式のトレンド

 まずは、タグが検索に及ぼす影響から見ていきましょう。インターネットの情報検索の3つの方法から、情報検索に「タグ」はどのようなメリットをもたらすのでしょうか。

●情報管理・検索の王道「ディレクトリ型」

 ディレクトリ型は従来から行われていた、情報を収集し、カテゴリ別に分類し、管理・検索できるタイプです。カテゴリ別に階層構造を持ち、「Webディレクトリ」とも呼ばれています。いろいろと説明するよりも、「Yahoo!のカテゴリ検索」(http://dir.yahoo.co.jp/)といった方が想像しやすいでしょう。

画面2-1 Yahoo!のカテゴリ検索のページ 画面2-1 Yahoo!のカテゴリ検索のページ(http://dir.yahoo.co.jp/

 例えば、「@IT」をYahoo!のディレクトリ検索で調べていくと、「トップページ」→「コンピュータとインターネット」→「イベント」(この構造を「階層(ツリー)構造」といいます)の場所で発見できます。あいまいな単語やキーワードしか分からなくても、ユーザーが検索できるのが「ディレクトリ型」の利点です。

図2-1 ディレクトリ型の分類・構成図 図2-1 ディレクトリ型の分類・構成図

 しかし、探したいカテゴリがなかったり、お目当てのWebサイトが登録されていなければ、どうしようもありません。また、ディレクトリ型は、情報の位置を固定化させるため、カテゴリを横断するような検索も苦手です。

図2-2 ディレクトリ型では横のつながり同士を発見するのが難しい 図2-2 ディレクトリ型では横のつながり同士を発見するのが難しい

  ローカルパソコンで、データをフォルダごとに保存するのはこのタイプです。

●何も考えずに情報管理・検索できる「サーチ型」

 サーチ型の検索エンジンは、インターネット上のWebページをプログラム(ロボット)が巡回し、掲載されているページのデータをどんどん記録していきます。検索時にロボットが記録したデータを参照に全文検索が可能で、ディレクトリ型と違い、幅広いWebページを対象に情報検索ができます。

画面2-2 分類なしのサーチ型エンジンの雄「Google」 画面2-2 分類なしのサーチ型エンジンの雄「Google」

 しかし検索キーワードを絞り込まないと、多くのページがヒットし過ぎて、逆に探し出したいページにたどり着けないといった問題や、ロボットの精度や種類によって検索結果に揺らぎが出てきたりする弱点もあります。

図2-3 サーチ型の分類・構成図 図2-3 サーチ型の分類・構成図

 ローカルパソコンでの「ファイル検索」や「デスクトップ検索」でデータを管理するのはこの方法です。

図2-4 サーチ型では情報がヒットし過ぎて管理が難しい 図2-4 サーチ型では情報がヒットし過ぎて管理が難しい

●Web 2.0時代の情報・管理検索タイプ「タグ型」

 ディレクトリ、ロボット型の情報管理・検索は一長一短です。タグ型は、最近脚光を浴びている情報管理方法がキーとなる単語を「タグ」として、データに付けるタイプです。ディレクトリ型と違い、複数の情報をジャンルや要素ごとに集合させたり、逆に1つのデータを多面的に扱ったりすることができます。

 例えば、自分が飼っているペットの写真を発表するWebサイトを作成したとします。このサイトをディレクトリ型検索サービスに登録します。基本的に分類登録は1度きりの場合が多いので、「トップ > 自然科学と技術 > 生物学 > 動物学 > 動物、生き物の種類」のフォルダに登録するか、「トップ > 芸術と人文 > 視覚芸術、ビジュアルアート > 写真」のフォルダのどちらに登録するか悩むはずです。

画面2-3 選択肢が悩ましいカテゴリ登録 画面2-3 選択肢が悩ましいカテゴリ登録

 もし「写真」で登録した場合、「動物」のカテゴリから検索してくるユーザーには自分のサイトがヒットしない可能性が高いのですし、「動物」で登録した場合は「写真」から来るユーザーには見つかりません。

 そこで、登場するのが「タグ」です。自分のサイトのアップルのMacintoshに関するコンテンツに「音楽」「Mac」「Web2.0」といったキーワードとなる「タグ」を設定しておけば、「音楽」「Mac」「Web2.0」で検索されても自分のページがヒットしてくれるはずです。

図2-5 タグ型の分類・構成図 図2-5 タグ型の分類・構成図

 確かに、タグは便利なようですね。思想や実際のサービスを紹介します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。