連載
» 2006年10月14日 00時00分 公開

CoolなEclipseプラグイン(12):便利なプラグインの集大成MyEclipse (1/4)

[池田貴之, 岡本隆史,NTTデータ 基盤システム事業本部]

 前回までの連載を通じて、Eclipseを利用してアプリケーション開発を行ううえで便利なプラグインを、オープンソースのものを中心に数多く紹介してきました。

 個別にプラグインをインストールする方法は、オーダーメイドで自分好みの開発環境を作ることができるというメリットもありますが、以下のようなデメリットもあります。

1. インストールに時間がかかる

 Eclipseの最大の売りの1つに、オープンソースおよびサードパーティから提供されている豊富なプラグインがありますが、Web上に散在するプラグインを個別にインストールするには、それなりの手間が掛かります。

 また、プラグインによっては、前提となるプラグインが存在する(例えば、Visual EditorプラグインにおけるGEF、EMFなど)場合があり、その分ダウンロード/インストールの手間が掛かります。

2. プラグイン同士の相性やバージョンに気を使う必要がある

 プラグインによっては、一緒に入れると、どういうわけか動作しない組み合わせが存在します。また、先ほどのVisual Editorのように前提となるプラグインが存在する場合に、バージョンを間違えるとインストールに失敗し、原因が分からずに悩んでしまうということもよくあります。さらには、Eclipse自身をバージョンアップした際には、あらためて対応したバージョンのプラグインをセットする必要があります。

3. グループ開発では開発環境を合わせたい

 大人数で開発をする際には、環境による差異を少なくするために、プラグインを統一したい場合があります。具体的には、プロパティファイルやXMLなどで日本語を利用する場合のように、エンコーディングに注意する必要がある場合になどがこれに当たります。

4. そもそも、どのプラグインを利用したらよいか分からない

 豊富なプラグインが提供されているのはいいのですが、どのプラグインを使えばいいのか、初心者には分かりにくいという問題があります。

 上記のような問題を解決する一手段として、All-in-one-Eclipseや、MyEclipseなどのようなオール・イン・ワン・パッケージがあります。All-in-one-Eclipseは、All-in-one Projectが開発したEclipseのWindowsインストーラで、以下のような特徴を持っています。

  • Eclipse3.2をベースとしたWindows向けのインストーラ
  • 無償で利用可能
  • オープンソースの(主にEclipseサブプロジェクトの)プラグインを数多く梱包
  • NLpack1_FeatureOverlayが梱包されており、初めから日本語を利用することができる

 一方のMyEclipseは、商用のEclipseベースIDEであり、以下のような特徴を持っています。

  • クライアント/サーバアプリケーション開発を行うのに必要な、オープンソース/独自開発の多くのプラグインを梱包
  • Eclipse3.2に対応
  • 有償(Standard Edition $29.95/年、Professional Edition $49.95/年(開発者ライセンス))
  • AJAX、Webサービス開発やGUI(Swing)開発機能に優れている

 今回は、Eclipseのプラグインとして提供されているMyEclipse 5.0を解説します。代表的な機能である、AJAX開発、Webサービス開発、GUI(Swing)開発について紹介していきます。

MyEclipseの入手とインストール

 MyEclipseは有償製品ですが、30日間試用をすることができます。今回はこの試用版を利用します。

コラム

Eclipse Callistoについて

Eclipse 3.1までは、Eclipseのサイトで配布されているプラグインを個別にインストールする必要があり、また、リリースのタイミングもまちまちでした。Eclipse 3.2からは、Callisto Projectsとして、Eclipseのサイトで配布されているプラグイン群もEclipse 3.2と同時にリリースし、Eclipse 3.2に最初から登録されたアップデートサイトを利用してプラグインを簡単にインストールできるようになっています。現在、アップデートサイトからはBIRT、CDT、DTP、EMF、GEF、GMF、TPTP、WTP、VEがインストールできるようになっています。これらのプラグインはもちろんEclipse 3.2で動作確認されており、従来のプラグイン導入の煩わしさが大きく改善されています。


1. Eclipse本体をインストールする

 MyEclipseをインストールする前に、Eclipse本体をインストールする必要があります。すでにEclipseをインストールしていると思いますが、プラグインの競合を避けるために、MyEclipse用に別途、専用のEclipseをインストールすることをお勧めします。

2. MyEclipseをインストールする

 http://www.myeclipseide.com/からMyEclipseをダウンロードします。その前にまずユーザー登録をする必要があります。ユーザー登録ページからユーザー名・パスワード・メールアドレスを入力してユーザー登録をした後、ダウンロードページからダウンロードし、インストールを実施します。インストールを開始すると、図1のスプラッシュ画面が表示されます。

図1 スプラッシュ画面 図1 スプラッシュ画面
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。