連載
» 2006年10月28日 00時00分 公開

星野君のWebアプリほのぼの改造計画(最終回):安全なWebアプリケーションの実現に向けて (1/3)

[杉山俊春, Illustrated by はるぷ,三井物産セキュアディレクション株式会社]

高橋さんの唐突な一言で星野君たちはセミナーを受講することに。いままでのおさらいをするにはちょうどいい機会なのですが、集合場所にはまだ誰も来ていないようです……。


赤坂さん 「ごめーん。待ったぁー?」

星野君 「遅いですよ〜」

赤坂さん 「ごめんねー。ちょっと寝坊しちゃってー」

 赤坂さんはいつになく眠そうだ。

眠そうな顔で集合場所に到着した赤坂さん

星野君 「いっつも寝坊してますよね」

赤坂さん 「まあ、いいじゃないー。間に合ったんだしさー」

星野君 「そうですね。さて……」

赤坂さん 「じゃあ、行こうかー」

星野君 「え。行っちゃうんですか?」

 この日、星野君たちはセミナー会場に来ていた。テーマは「Web開発とセキュリティ」。なぜセミナー行くことになったのかといえば、例のごとく高橋さんの思いつきのような発言がきっかけだ。






高橋さん 「ねぇ。そろそろ仕事一段落するよね?」

星野君 「え?あ、はい」

高橋さん 「じゃあさ、今度の金曜にセミナー行こうよ、セミナー」

星野君 「いいですよ。でも何で急に?」

高橋さん 「赤坂さんもヒマだよね。決まり、みんなで行こう」

赤坂さん 「ヒマじゃないですけど……」

高橋さん 「あんまり堅苦しいセミナーじゃないから私服でいいよー」






 しかし、まだ、肝心の高橋さんが来ていないのだ。

赤坂さん 「置いてくよー」

 赤坂さんは目を擦りつつ、フラフラと会場へ歩き出した。

星野君 「あー。行きますっ。待ってくださいよー」

 星野君と赤坂さんは2人だけで受付を済ませ会場に入った。星野君の予想に反して会場は結構広く、参加者の半分以上の人がスーツ姿だった。平日に開催されているので仕事で来ている人が多く、当然といえば当然であった。

星野君 「(うわ……。この服装、ちょっと浮いてないかな……)」

赤坂さん 「後ろの方空いてないねー。前の方行こうかー」

星野君 「……そうですね」

 星野君は、私服で前の方に座るのはちょっと気が引けるなぁ、と思いながら席に着いた。

司会 「それでは……」

 席に着くのとほぼ同時にセミナーが始まった。ギリギリだったようだ。星野君がふと横を見ると、セミナーが始まると同時に赤坂さんは熟睡していた。こちらもギリギリだったようだ。

星野君 「(この人は……)」

セミナーの講師はあの人?!

 1つ目のセッションが終わり、休憩に入った。

星野君 「赤坂さん、寝過ぎ……」

赤坂さん 「だって……、眠かったんだもん……」

星野君 「それにしても高橋さん、まだ来てないみたいですねぇ……」

赤坂さん 「あー、次のセッションはちゃんと聞かないと……」

 2人が席に戻ると、程なくして次のセッションが始まった。

司会 「続いての講演は、高橋誠さんによる『Webアプリケーションに対する攻撃と回避策』です。それではよろしくお願いします」

高橋さん 「ご紹介にあずかりました高橋です。本日は……」

星野君 「(ええっ?!高橋さん?!)」

 驚いた星野君は赤坂さんに話し掛けようと横を見た。しかし、赤坂さんはすでに眠りに落ちていた。

星野君 「(ええっ?!)」

高橋さんが講師として登壇

 高橋さんのセッションが終わり、午前の部が終了。星野君と赤坂さんは昼食を取ることにした。

赤坂さん 「あー……。寝ちゃった……。後で怒られる……」

星野君 「1秒たりとも起きてませんでしたね。それにしても、高橋さん、講師として来てたなんて……。赤坂さんは知ってたんですか?」

赤坂さん 「うん。もちろん知ってたよ。あ、高橋さんが何話してたか教えてよ」

星野君 「いいですよー。えっと……」

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。