連載
» 2006年12月23日 00時00分 公開

Oracleバックアップ/リカバリ講座(10):Recovery Managerのチューニング・ポイント集 (3/4)

[渡辺学,株式会社アゲハ]

RMANでのバックアップにおけるチューニング方法

 Oracle SQLチューニング講座の第1回「パフォーマンス向上の最短コースを知る」のパフォーマンス・チューニング概要でも説明しましたが、バックアップでもその処理時間がシステム要件を満たしていれば、処理効率が悪くても特にチューニングする必要はありません。もちろんシステム構築時から要件を満たすために最大限のパフォーマンス・チューニングを行いたい場合や、例えば当初予想していたデータ量以上にデータが増え続けているシステムなどで、将来的にバックアップが許容時間内に終わらなくなってしまう場合などもあると思います。そこでここからはRMANのバックアップにおけるパフォーマンス・チューニングに関して説明していきます。

パフォーマンスの妥当性の判断

 RMANによるバックアップでは、ディスクもしくはテープのI/O処理が大きなウエートを占めているため、まずそれぞれにおけるパフォーマンスの妥当性について確認する必要があります。

 動的パフォーマンスビューのV$BACKUP_ASYNC_IO(非同期I/Oが使用されている場合)、V$BACKUP_SYNC_IO(同期I/Oが使用されている場合)を参照することで、RMANを介したバックアップ・デバイスへのスループットがどれくらいなのか、読み出し、書き出しのどちらにボトルネックがあるかを確認できます。

SQL> select type, filename, 
  2  to_char(open_time,'YYYY/MM/DD HH24:MI:SS') open_time,
  3  to_char(close_time,'YYYY/MM/DD HH24:MI:SS') close_time,
  4  elapsed_time,
  5  effective_bytes_per_second e_b_p_s,long_waits/io_count lw_ic
  6  from v$backup_async_io
  7  order by type;

TYPE       FILENAME                                                
OPEN_TIME            CLOSE_TIME           ELAPSED_TIME    E_B_P_S 
     LW_IC
---------- ------------------------------------------------------- 
-------------------- -------------------- ------------ ---------- 
----------
AGGREGATE                                                          
2006/12/18 19:31:41  2006/12/18 19:37:01         32000    1605632 
         0
AGGREGATE                                                          
2006/12/18 19:36:14  2006/12/18 19:36:15           100    7340032 
         0
INPUT      /opt/app/oracle/oradata/v102/indx101.dbf                
2006/12/18 19:31:50  2006/12/18 19:31:54           400    2621440 
         0
INPUT      /opt/app/oracle/oradata/v102/undotbs01.dbf              
2006/12/18 19:31:41  2006/12/18 19:37:01         32000    1540096 
         0
INPUT      /opt/app/oracle/oradata/v102/sysaux01.dbf               
2006/12/18 19:31:48  2006/12/18 19:35:54         24600    1065626 
         0
  ・・・
OUTPUT     /opt/app/oracle/oraback/inc_db_2gi59hsu_1_1             
2006/12/18 19:31:46  2006/12/18 19:35:54         24800     754226 
.245810056
OUTPUT     /opt/app/oracle/oraback/inc_db_2ei59hss_1_1             
2006/12/18 19:31:40  2006/12/18 19:37:01         32100    1532823 
 .24893617
OUTPUT     /opt/app/oracle/oraback/inc_db_2fi59hss_1_1             
2006/12/18 19:31:42  2006/12/18 19:36:56         31400    1170099 
.247863248

18行が選択されました。

SQL>
リスト4 v$backup_async_ioからバックアップ時のパフォーマンスを確認する

 TYPE列が「INPUT」の場合はディスクからの読み込み時の処理、「OUTPUT」の場合はバックアップ・デバイスへの書き込み時の処理を表しており、処理速度を表す「EFFECTIVE_BYTES_PER_SECOND」列や、バックアップ時のI/Oのパフォーマンスを表す値(「IO_COUNT」列/「LONG_WAITS」列)を確認することで、どこにボトルネックがあるのかを見つける手掛かりになります。

 リスト4を見ると、TYPE列が「OUTPUT」の「LW_IC」列の値が約「25%」となっています。一般的な目安としてこの値が定常的に「30%」を超えている場合には、書き込み時のI/O処理で問題がある可能性が考えられます(v$backup_async_ioとv$backup_sync_ioの詳細についてはマニュアル「Oracle Database リファレンス 10gリリース2(10.2)」を確認してください)。

 RMANのバックアップにおいて、パフォーマンスの妥当性に問題があった場合には、以降で挙げるポイントを確認し、チューニングを進めていくことになります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。