連載
» 2007年01月27日 00時00分 公開

今から始める MySQL入門(1):MySQL+Apache+PHPをインストールしよう (2/3)

[鶴長鎮一,@IT]

インストールと設定(2)

Apacheのインストール

 次は、Apacheのインストールです。MySQLと同様に、Apacheがインストール済みかどうかをrpmコマンドで確認します。

# rpm -qa *http*
httpd-manual-2.2.3-5
system-config-httpd-1.4.1-1.fc6
httpd-2.2.3-5
Apacheがすでにインストールされている場合

 Apacheの新規インストールや関連パッケージの追加インストールは、以下のようにyumコマンドで実行します。なお、Apache HTTPDの起動はPHPのインストール後に行います。

# yum install httpd*

 Apacheをソースからインストールする場合は、コラム5を参考にしてください。

コラム5 Apacheをソースからインストールするには

最新のApacheを使用したい場合やconfigureで特種なオプションを指定したい場合は、ソースファイルからインストールする必要があります。ソースファイルはhttp://httpd.apache.org/download.cgiからダウンロードできます。

ソースファイルをダウンロードしたら、ファイルを展開してconfigureを実行します。

# tar xvfz httpd-2.2.version.tar.gz
# cd httpd-2.2.version# ./configure --enable-module=all --enable-mods-shared=all
--enable-module=all モジュールをすべて有効にします
--enable-mods-shared=all 共有モジュールをすべて有効にします
表4 configureオプション

次に、makeを実行して正常に終了したら、インストールを行います。

# make
# make install

インストール先はデフォルトで/usr/local/apache2になります。

関連リンク:

ApacheによるWebサーバ構築
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/apache01/apache01.html


PHPのインストール

続いて、PHPのインストールです。ここでも同様に、PHPがインストール済みかどうかをrpmコマンドで確認します(注)

注:PHP本体のほかにMySQLライブラリ「php-mysql」が必要になります。


# rpm -qa php*
php-5.1.6-3.3.fc6
php-common-5.1.6-3.3.fc6
php-pdo-5.1.6-3.3.fc6
php-cli-5.1.6-3.3.fc6
php-mysql-5.1.6-3.3.fc6
PHPがすでにインストールされている場合

 PHPの新規インストールや関連パッケージの追加インストールは、以下のようにyumコマンドで実行します。

# yum install php php-mysql

 PHPをソースファイルからインストールする場合は、コラム6を参考にしてください。

コラム6 PHPをソースからインストールするには

PHPのソースファイルをhttp://www.php.net/downloads.phpからダウンロードします。

Apacheと同様の手順でconfigureを実行します。

# tar xvfz php-5.2.0.tar.gz
# cd php-5.2.0
# ./configure --disable-debug --with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs --enable-trans-sid --with-iconv --enable-mbstring --enable-zend-multibyte --without-mysql --with-mysqli
--with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs apxsコマンドのパスを指定します(Apacheが/usr/localにインストール されている場合の例)
--with-iconv --enable-mbstring --enable-zend-multibyte マルチバイト文字に対応させます
--without-mysql MySQL 4.1以上の拡張MySQL APIに対応させるため、MySQL 4.0以下向けの標準MySQL APIには対応させません
--with-mysqli MySQL 4.1以上に対応した拡張MySQL APIに対応させます。ビルドに失敗する場合はmysql_configコマンドのパスを指定します
表5 configureオプション

次に、makeを実行して正常に終了したら、インストールを行います。

# make
# make install

以上の作業で「/usr/local/apache2/modules/libphp5.so」が作成されます。

PHPの動作には、設定ファイル(php.ini)が必要となります。ソースアーカイブ中のひな型を指定のディレクトリにコピーします。

# cp php.ini-dist /usr/local/lib/php.ini

Apacheの設定と起動

 FC6で用意されているRPMパッケージを利用した場合は、設定ファイルに修正を加えることなく、PHP5に対応したApache HTTPDを起動できます。起動/停止は、以下のようにinitスクリプトを利用します。

# /etc/init.d/httpd start
Apache HTTPDの起動
# /etc/init.d/httpd stop
Apache HTTPDの停止
# /etc/init.d/httpd restart
Apache HTTPDの再起動

 Webブラウザから「http://127.0.0.1/」にアクセスして、Apacheの起動を確認します。画面1のように表示されたら成功です。

画面1 Apacheの動作確認(画像をクリックすると拡大表示します) 画面1 Apacheの動作確認(画像をクリックすると拡大表示します)

 Apacheをソースからインストールした場合は、コラム7を参考にしてください。

コラム7 Apacheをソースからインストールした場合の設定方法

Apache HTTPDを起動する前に、PHPを有効にするため/usr/local/apache2/conf/httpd.confを以下のように修正します。

Listen 80     #サービスポートの設定(通常は変更しない)
 
(省略)
 
LoadModule php5_module        modules/libphp5.so     #PHPインストールで自動で追加されます
AddHandler php5-script .php   #拡張子を関連付け
AddType text/html .php     #拡張子を関連付け
 
(省略)
 
User nobody    #httpdデーモンのユーザー権限、ユーザーID
Group #-1     #httpdデーモンのユーザー権限、グループID
 
(省略)
 
ServerAdmin admin@example.com     #サイト管理者のアドレス
 
(省略)
 
ServerName www.example.com:80     #意図したサーバ名を使用する場合にのみ指定。ただしDNSに登録されているホスト名を使用すること
httpd.confの修正個所

設定が完了したら、下記の方法で記述に間違いがないか確認をします。

# /usr/local/apache2/bin/httpd -t
Syntax OK ←このように表示されれば問題ない

または

# /usr/local/apache2/bin/apachectl configtest
Syntax OK ←このように表示されれば問題ない

Apache HTTPDの起動/停止は、apachectlコマンドを使用します。起動後、Webブラウザから「http://localhost/」にアクセスして動作を確認します。

# /usr/local/apache2/bin/apachectl start
Apache HTTPDの起動
# /usr/local/apache2/bin/apachectl stop
Apache HTTPDの停止
# /usr/local/apache2/bin/apachectl restart
Apache HTTPDの再起動

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。