連載
» 2007年05月07日 00時00分 公開

.NETユーザー必見! Oracle 10gのお作法(2):ODTを使ったVisual StudioからのPL/SQL開発 (1/4)

オラクル社が提供する3つの.NET環境用開発ツール「ODP.NET」「ODT」「ODE.NET」。Oracle 10gリリース2に対応した最新版を使って、Oracleデータベースを前提とした.NETアプリケーションの開発手法を解説する。(編集部)

[三谷亮太,日本オラクル]

 前回「小手調べにASP.NETからOracleに接続してみよう」では、オラクル社が提供しているMicrosoft .NET(以下、.NET)環境用の開発ツールの概要からセットアップ、データを参照/更新する簡単なデモアプリケーションの作成までを行いました。今回はより実践的に、Oracle Developer Tools for Visual Studio .NET(以下、ODT)を使用した表やストアドプロシージャの作成からデバッグ、さらにASP.NETアプリケーションと連携したストアドプロシージャのデバッグまでを解説します。

Oracleエクスプローラの表示

 ODTをセットアップしたVisual Studioを起動すると、ツールバーの[表示]に[Oracleエクスプローラ]が表示されます(ODTセットアップの詳細については前回をご覧ください)。これをクリックしてOracleエクスプローラを起動します(図1)。

図1 Visual StudioでOracleエクスプローラを表示 図1 Visual StudioでOracleエクスプローラを表示

 Oracleエクスプローラが表示されたら、[データ接続]を右クリックし[接続を追加]を選択します(図2)。

図2 Oracleエクスプローラから接続の設定 図2 Oracleエクスプローラから接続の設定

 [接続の詳細]タブから図3を参照して必要な接続情報を入力し、[OK]をクリックします。

図3 Oracleへの接続情報 図3 Oracleへの接続情報

 するとOracleエクスプローラにスキーマ情報が表示されます(図4)。

図4 接続先のスキーマ情報 図4 接続先のスキーマ情報

ODTからテーブルを作成する

 それではOracleエクスプローラを使ってテーブルを作成します。Oracleエクスプローラの[表]上で右クリックし[新規リレーショナル表]を押下します(図5)。そして表1の定義で社員の居眠り回数を記録するDOZE表を作成します。

列名 Default 主キー
EMPNO NUMBER (4,0)    -   1
COUNT NUMBER (3,0)    -   -
FIRST DATE SYSDATE   -
RECENT DATE SYSDATE   -
表1 DOZE表のスキーマ定義
図5 DOZE表の列定義を入力 図5 DOZE表の列定義を入力

 次に[制約]タブをクリックし、主キー情報を入力します。入力を終えたらウィンドウ右下の[保存]をクリックしDOZE表を作成します(図6)。

図6 DOZE表の主キー定義を入力 図6 DOZE表の主キー定義を入力

 作成したテーブルにデータを入力しましょう。DOZE表を右クリックし[データの取得]でデータの参照/入力画面を表示します(図7)。

図7 DOZE表の入力画面を表示させる 図7 DOZE表の入力画面を表示させる

 図8のように1件のデータを入力し、ウィンドウ右下の[保存]を押すと入力が完了します。

図8 DOZE表に1件のデータを入力する 図8 DOZE表に1件のデータを入力する
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。