連載
» 2007年07月23日 00時00分 公開

SharePoint Server 2007によるポータルサイト構築:第1回 SharePoint Server 2007の概要 (5/5)

[黒石高広,株式会社アークウェイ]
前のページへ 1|2|3|4|5       

MOSSのシステム構成

 性能や可用性の高いSharePointサイトを構築するには、用途や規模に応じて、複数のサーバからなるシステムを構成する必要がある。今回の最後に、MOSSのシステム構成について説明しておこう。

 MOSSは、次の3つのコンポーネントで構成されている。

■Webフロントエンド
 ポータル・サイトのフロントエンドとなるWebサーバのコンポーネント。Windows Server 2003とInternet Information Services 6.0、ASP.NET 2.0、.NET Framework 3.0が必要となる。Windowsのネットワーク負荷分散(NLB:Network Load Balance)サービスやハードウェアによる負荷分散を利用して、冗長構成を組むことが可能である。

■アプリケーション・サーバ
 検索エンジン機能やプロファイル機能などといった、共有サービスの実行を行うコンポーネント。Windows Server 2003、Internet Information Services 6.0が必要となる。インデックス・サーバ機能は、製品の仕様上の制約により、MSCS(Microsoft Cluster Service)などで冗長構成を組むことができないので注意が必要である。

■DBサーバ
ポータル・サイト上のコンテンツを格納するデータベース・サーバ。Windows Server 2003、SQL Server 2005が必要となる。MSCSを利用し、冗長構成を組むことが可能である。

 例えば、各コンポーネントに対する可用性を考慮した推奨構成として、WebフロントエンドとDBサーバをそれぞれ2台のサーバで冗長化し、インデックス・サーバを加えた以下のような5台構成が考えられる。

可用性を考慮したMOSSのシステム構成
WebフロントエンドをNLBの2台構成、DBサーバをMSCSの2台構成でそれぞれ冗長化し、インデックス・サーバを加えた5台でMOSSを構成した例。冗長化により、可用性が向上する。

 この例では、Webフロントエンド・サーバでネットワーク負荷分散を利用し、DBサーバではMSCSを利用して可用性を高めている。中央のアプリケーション・サーバは、主にインデックスの作成を行うインデックス・サーバとして利用しているが、仕様上の制約により、このコンポーネントは冗長化できない。ただし、インデックス・サーバで作成されたインデックスはファイルとして保存され、各Webフロントエンド・サーバへ配布されるので、仮にインデックス・サーバが停止した場合でも、停止前のインデックス情報を使用して、ポータル・サイト上で検索を行うことは可能である。つまり、インデックス・サーバは冗長化できなくても、それがポータル・サイトの可用性の低下には直結しないといえる。

 サーバ数を減らしたければ、インデックス・サーバの役割をWebフロントエンド・サーバと同じサーバ上に同居させ、インデックス・サーバ1台を減らした4台構成として組むことも可能ではある。しかしその場合も、インデックス・サーバの仕様により、同じサーバ上に検索サーバの役割とインデックス・サーバの役割の両方を与えると、外部の検索サーバに対してインデックス・ファイルを配布できないという制約があるため、検索処理が1台のWebフロントエンド・サーバだけに集中することとなり、パフォーマンス低下の要因になり得る。MOSSのシステム構成を考える上では、このインデックス・サーバの仕様上の制約を考慮することが重要となる。

 上記のシステム構成は、可用性を考慮した最小構成となるが、可用性があまり求められない小規模なポータル・サイトの場合は、さらに台数を減らして1〜3台で構成したり、逆にさらに高い可用性とパフォーマンスが求められる場合は台数を増やして5台以上の構成を組んだりすることが可能である。システム構成の例については、下記TechNet記事のリンクを参考にするとよいだろう。

 また、MOSSの必要最小ハードウェア要件や、各サーバのキャパシティに関しては、TechNetサイトに参考となる情報が公開されているのでそちらを参考にしてほしい。

 なお、今回はMOSSのシステム構成を紹介したが、WSSのシステム構成も基本的な考えは同じである。WSSのシステム構成は下記URLを参考にしてほしい。

32bit版と64bit版の違い

 WSSとMOSSは、32bit版だけでなく64bit版も提供されている。両者に機能的な違いはない。ただし64bit版を利用するときには、検索機能の追加コンポーネントであるIFilterが64bit版に対応しているか確認する必要がある。例えば、前述したとおり、PDFファイルを検索対象に含めたい場合は、PDF用のIFilterを追加でインストールする必要があるが、64bit版に対応したPDF用のIFilterを利用するには、別途有償のコンポーネントを購入する必要がある。

 検索対象のファイルによっては、現状では64bit版に対応したIFilterが存在しないものもあるので注意が必要である。

まとめ

 第1回である今回は、WSSとMOSSの製品概要、内部の仕組み、コンポーネント構成、システム構成例などを示した。SharePointを理解する上でまず重要なことは、それらの標準機能を使って、どのようなことができるか理解することである。記事だけでは細かな機能の詳細まで触れることができないため、実際に手元で環境を構築して試してみてほしい。特にMOSSは、WSSを基盤としながら、非常に豊富な機能を提供している。WSSだけでできることと、MOSSでないとできないことを区別して理解する必要がある。次回は、SharePointの論理的な概念であるサイト・コレクションやWebパーツについて解説し、SharePointを利用してどのようにWebサイトを構築できるかを説明する。


「運用SharePoint Server 2007による エンタープライズ・ポータルサイト構築」のインデックス

運用SharePoint Server 2007による エンタープライズ・ポータルサイト構築

前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。