連載
» 2007年08月16日 00時00分 公開

パッチ管理ツール「WSUS 3.0」の導入:これから始めるWSUS 3.0入門(前編) (3/6)

[山近慶一(Microsoft MVP - Windows Server System - Microsoft Update Services),創報]

 WSUS 3.0システムはWSUSサーバ、WSUSクライアント、WSUS管理コンソールに分離されているため、それぞれ異なるシステム要件が定義されている(下表)。WSUSサーバではWSUS 2.0でサポートされていたWindows 2000 Serverファミリが対象外となり、必要なメイン・メモリ容量もWSUS 2.0の512Mbytesから増加していることに注意しよう。

ターゲット WSUSサーバ WSUSクライアント WSUS管理コンソール
サポートOS Windows Server 2008
Windows Server 2003 R2
Windows Server 2003 SP1以降
Windows Server 2008
Windows Vista
Windows Server 2003 R2
Windows Server 2003
Windows XP SP2
Windows 2000 SP4
Windows Server 2008
Windows Vista
Windows Server 2003 R2
Windows Server 2003 SP1以降
Windows XP SP2
メイン・メモリ容量 1Gbytes以上 指定なし 指定なし
ディスク容量 Windowsシステム・パーティション:1Gbytes以上
パッチ・ファイル用:6Gbytes以上
Windows内部データベース用:2Gbytes以上
指定なし 指定なし
必要コンポーネント IIS 6.0以降
.NET Framework 2.0
MMC 3.0
Report Viewer 2005
指定なし .NET Framework 2.0
MMC 3.0
Report Viewer 2005
WSUS 3.0のシステム要件
WSUS 2.0に比べるとWSUSサーバでは、Windows 2000 Serverファミリが対象から外れたほか、メイン・メモリ容量が1Gbytes以上に増えている。また全体的に必要コンポーネントが多い点にも注意が必要だ。

 WSUS 3.0の製品ドキュメントは、以下のマイクロソフトTechNetのサイトで入手できる。

 また、WSUSサーバおよびWSUS管理コンソール、および事前にインストールするべき必要コンポーネントのインストール・ファイルは、下表のようにマイクロソフト・ダウンロード・センターで入手可能だ。

OSのアーキテクチャ 32bit(x86)版 64bit(x64)版
OS名 Windows XP Windows Server 2003 Windows XP Windows Server 2003
WSUS 3.0 サーバ/管理コンソール
.NET Framework 2.0 ランタイム日本語Language Pack ランタイム日本語Language Pack
MMC(Microsoft 管理コンソール) 3.0 本体 本体 本体 本体
Report Viewer 2005 本体日本語Language Pack
WSUS 3.0およびその必要コンポーネントとダウンロード用ページ(日本語OS向け)
必要コンポーネントはいずれもWSUSサーバ/管理コンソールより前に、あらかじめインストールしておく必要がある。

 WSUSクライアントはWindows OS標準搭載の自動更新を利用する。この自動更新がWSUS 3.0サーバにアクセスすると、セルフ・アップデートという機能によって自動的にWSUS 3.0対応のWindows Update Agent(WUA) 3.0に更新される。そのため、原則として、WUA 3.0を手動でインストールする必要はない。ただし必要なら、以下のページからWUA 3.0を単独で入手して手動でインストールすることは可能だ。

【更新履歴】

【2007/08/24】当初公開した記事では、システム要件の一覧表のキャプションにおいて、クライアントを含むWSUS 3.0全体でWindows 2000 Serverが利用できないという表現がありました。WSUS 3.0ではWindows 2000 ServerをWSUSサーバとして利用することはできませんが、WSUSクライアントとしては利用できます。お詫びして訂正いたします。


Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。