連載
» 2007年08月16日 00時00分 公開

CoolなEclipseプラグイン(19):Project Zeroでスクリプト+Ajaxのアジャイル開発 (1/3)

[岡本隆史,NTTデータ 基盤システム事業本部]

“Project Zero”とはいったい何なのか?

 Project Zeroとは「Zero complexity, Zero overhead, Zero obstacles」(複雑さゼロ、オーバヘッドゼロ、障害ゼロ)をスローガンとして掲げたIBMの新プロジェクトで、次世代の動的Webアプリケーションのアジャイル開発にフォーカスしており、スクリプト言語Ajaxをサポートしているのが特徴です。

 Project Zeroは、Java版、PHP版、コマンドライン版の3つのディストリビューションが用意されています。本稿では、Eclipseプラグインとして提供されているJava版のディストリビューションを用い、ブログアプリケーションの作成を通してProject Zeroの概要を紹介します。

図1 Project Zeroのサイト 図1 Project Zeroのサイト

Project Zero Java版についてゼロから理解する

Groovyって何だっけ?

 Java版では、アプリケーションの実装言語として、Groovyを利用します。Groovyは、Javaの構文をベースとした、Javaで記述されたスクリプト言語です。Groovy自身はJavaで記述されているため、Javaとの親和性が高く、JavaのクラスをGroovyから自由に呼び出して利用できます。Groovyは、Javaの言語をベースとしながらもスクリプト言語のように、変数宣言を省略できたり、配列やハッシュに簡略化した表現でアクセスできたり、クロージャを利用できます。

 例えば、ハッシュを下記のように利用できます。

email = new HashMap();
email['okamoto'] = "okamoto@minotake.org";
s = email['okamoto']; 
Groovyの記述例

 ブログアプリケーションのビュー部分は、一般的なJavaのWebアプリケーションで利用されるJSPではなく、Groovyをベースとしたテンプレートを利用することにします。

編集部注:Groovyそのものについて詳しく知りたい読者は、「J2EE Watch 第3回、標準化進む新スクリプト言語“Groovy”」をご参照ください。

DojoとMavenリポジトリのサポート

 ZeroはAjaxに対応しています。リソースと呼ばれるスクリプトでJSONによる通信処理を行ったり、Ajaxフレームワ−クであるDojoのサポートをWebページに追加することが簡単にできるようになっています。

 Zeroで利用するプロジェクトにモジュールを追加する際には、Zero独自のリポジトリとMavenのリポジトリを利用できます。Mavenのリポジトリに対応しているため、Mavenのリポジトリで提供されている豊富なモジュールを利用できます。

インストールをしてみよう

 Java版をインストールするには、アップデートサイトからEclipseプラグインをインストールします。

 インストールフィーチャのルートのProject Zeroにチェックを入れてAptana、Groovy、Project Zero、Project Zero Examplesの各コンポーネントをインストールします(図2)。

図2 Project Zero用プラグインのインストール 図2 Project Zero用プラグインのインストール

 本稿では、Project Zeroのバージョン「1.0.0.P20070730-1983」を利用し、検証しました。Project Zeroは発展途上で、APIが今後変更される可能性があります。現に、本稿執筆中にAPIが変更になり、作成中のサンプルが動かなくなりました。サンプルがうまく動作しない場合は、このバージョンをご利用ください。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。