連載
» 2007年08月17日 00時00分 公開

連載 C++開発者のための単体テスト入門:第2回 C++アプリケーションの効率的なテスト手法(CppUnit編) (4/4)

[επιστημη(えぴすてーめー),著]
前のページへ 1|2|3|4       

 例えば、MFCでカウンタ・クラス(=Counterクラス)を実装することを考えてみましょう。

MFCで実装するカウンタ・クラスの構成

 この図の構成でカウンタ・クラスをMFCのSDI形式のアプリケーションに仕立てると、次の画面のような外観のアプリケーションとなりました。

カウンタ・クラスを実装したMFCのSDI形式アプリケーションの概観

 このときDocument側は、次のようなコードとなります。

#include "Counter.h"

class CounterDoc : public CDocument {
private:
  Counter body_;
public:
  void incr()     { body_.incr();  UpdateAllViews(0); }
  void clear()    { body_.clear(); UpdateAllViews(0); }
  int get() const { return body_.get(); }
  ……省略……
}

カウンタ・クラスのメソッドの呼び出しを実装したDocument側のヘッダ・ファイル(CounterDoc.h)

 そしてView側は、次のようになります。

……省略……

// CounterViewクラスのメッセージ・ハンドラ
void CounterView::OnUpdate(CView*, LPARAM, CObject*) {
  CString count;
  count.Format(_T("%d"), GetDocument()->get());
  GetDlgItem(IDC_COUNT)->SetWindowText(count);
}

// [increment]ボタンが押されたときの処理
void CounterView::OnBnClickedIncr() {
  GetDocument()->incr();
}

// [clear]ボタンが押されたときの処理
void CounterView::OnBnClickedClear() {
  GetDocument()->clear();
}

……省略……

カウンタ・クラスのメソッドの呼び出しを実装したView側のソース・ファイル(CounterView.cpp)

 このアプリケーションに手を加え、単体テストをアプリケーション内にねじ込んでみましょう。この方法を使えば、実際のアプリケーションに近い環境でのテストが行え、ロジックのテストとUIの実装とを同時進行させることができます。

 まず、メニュー・バーの項目として[TEST]を追加し、そのクリック・メッセージ・ハンドラとしてOnTestメソッドを追加します。テスト・コードは、前章のCounterTest.cppファイルをそのまま(コピーして)流用します。OnTestメソッド内の実装は、Main.cppファイルの内容にほんの少し手を加えたものです。

……省略……

// メニュー・バーで[TEST]が選択された
void CounterView::OnTest() {
  // イベント・マネージャとテスト・コントローラを生成する
  CPPUNIT_NS::TestResult controller;

  // テスト結果収集リスナをコントローラにアタッチする
  CPPUNIT_NS::TestResultCollector result;
  controller.addListener( &result );

  // 「.」で進行状況を出力するリスナをアタッチする
  CPPUNIT_NS::BriefTestProgressListener progress;
  controller.addListener( &progress );

  // テスト・ランナーにテスト群を与え、テストする
  CPPUNIT_NS::TestRunner runner;
  runner.addTest(
    CPPUNIT_NS::TestFactoryRegistry::getRegistry().makeTest() );
  runner.run( controller );

  // テスト結果を文字列ストリームに流し入れ、
  std::ostringstream stream;
  stream << "************ テスト開始 ************\n";
  CPPUNIT_NS::CompilerOutputter outputter( &result, stream);
  outputter.write();
  stream << "************ テスト終了 ************\n";
  // 得られた文字列をTRACEマクロで出力する
  TRACE(stream.str().c_str());
}

OnTestメソッド内にCppUnitの実行を実装したView側のソース・ファイル(CounterView.cpp)

 アプリケーションを実行し、メニュー・バーの[TEST]をクリックすると、アプリケーション内に埋め込んだテストが実行され、テスト結果がIDEの出力ペインに表示されます。

MFCで実装したテストの実行結果(一部成功)


 次回は、.NET Frameworkに対応した単体テスト・フレームワークの1つである「NUnit」を紹介し、NUnitによるC++コードのテストを試みます。

「連載 C++開発者のための単体テスト入門」のインデックス

連載 C++開発者のための単体テスト入門

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。