連載
» 2007年09月13日 00時00分 公開

パッチ管理ツール「WSUS 3.0」の導入:これから始めるWSUS 3.0入門(後編) (2/4)

[山近慶一(Microsoft MVP - Windows Server System - Microsoft Update Services),創報]

 引き続き、WSUS管理コンソールの左ペインのツリーに表示される項目について説明する。

●[ダウンストリーム サーバー]
  このWSUSサーバを更新元とするダウンストリーム・サーバやレプリカ・サーバがある場合は、中ペインで同期状態などをチェックできる。[モード]列には、通常のダウンストリーム・サーバは[自律]、レプリカ・サーバは[レプリカ]と表示される。ダウンストリーム・サーバやレプリカ・サーバ自体については、関連記事を参照していただきたい。

●[同期]
  Microsoft Updateサイトやアップストリーム・サーバとの同期結果を一覧表示する(以下の画面)。中ペインで結果を1つ選択して右ペインの[同期レポート]を実行すると、その回の同期内容を別ウィンドウのレポートで詳しく見ることができる。

同期の状態を確認する
この画面では、上位サーバとの同期の状態を調べることができる。
 (1)左ペインでこれをクリックする。
 (2)リストから、確認したい同期を選択する。
 (3)同期の内容が表示される。

●[レポート]
  レポートには[更新レポート][コンピュータ レポート][同期レポート]の3種類がある(以下の画面)。[更新レポート]と[コンピュータ レポート]は3段階の詳細度が設けられているので、合計7種類のレポートを作成できる。

[レポート]画面
この画面では、パッチやクライアントPC、同期に関するレポートを作成・表示できる。
 (1)左ペインでこれを選択する。
 (2)7種類のレポートから、作成したいレポートをクリックする。

 上の画面でレポートを選んでクリックするとReport Viewerが起動する(以下の画面)。[更新レポート]および[コンピュータ レポート]で作成できる各3種類のレポートの違いは、実際にはReport Viewerに渡される[新しいレポートの種類]オプションの初期設定が異なるだけだ。

[更新の詳細な状態]レポートを作成する
この画面は、WSUS管理コンソールの[レポート]から[更新の詳細な状態]を選ぶと表示される。ほかのレポートも基本的な操作方法は共通である。
 (1)レポートの作成条件を設定する。リンクをクリックすると、条件を設定するためのダイアログ・ボックスが表示される。
 (2)これをクリックすると、レポートの作成が始まる。

 レポートの詳細度はReport Viewerの[レポート ビュー]メニューで、レポート条件は[レポート オプション]メニューでそれぞれ変更できるので、WSUS管理コンソールに戻ってレポートを作り直す必要はない(以下の画面)。

[レポート ビュー]メニューで、レポート作成後に形式を変更できる
この画面は、実際に作成された[更新の詳細な状態]レポートである。このようにパッチごとの適用状況などが表示される。
 (1)[レポート ビュー]メニューをクリックして、[概要][詳細][表形式]のいずれかを選択する。
 (2)コンピュータ・グループごとに、パッチの承認状態が表示される。

 また、WSUS管理コンソールとReport Viewerは双方向に連携しているので、例えばコンピュータ・レポート中のパッチ情報をクリックして更新レポートを新規作成したり、更新レポート中でパッチの承認状態を変更したりといった操作が可能だ(以下の画面)。

[更新の承認]画面
この画面は、Report Viewerの[更新の詳細な状態]レポートから[承認]列の項目をクリックして表示されたもの。WSUS管理コンソールに戻らなくてもこのような操作ができる。
 (1)既定では[すべてのコンピュータ]グループの承認状態が、全コンピュータ・グループに継承される。
 (2)任意のコンピュータ・グループについて、パッチの承認状態を変更できる。下位のコンピュータ・グループの継承もコントロール可能だ。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。