連載
» 2007年09月19日 00時00分 公開

Spring 2.0時代の開発スタイル(1):Eclipseプラグイン Spring IDEを使ってみよう (2/3)

[山本大,クロノス]

Spring IDEでプロジェクトを作る

 Spring IDEを使うには、EclipseプロジェクトをSpring IDE用に設定する必要があります。この操作は簡単で、以下の2つの方法のどちらかによって設定できます

  • ウィザードを使って、Spring Projectを作成する
  • すでに構築されたEclipseプロジェクトに「Springプロジェクト・ネイチャー」を追加する

ウィザードを使ってSpring Projectを作成する

1.Eclipseのメニューバーから[ファイル(F)]→[新規(N)]→[プロジェクト(R)]を選択して、[新規プロジェクト]ダイアログ(図5)を開く

図5 [新規プロジェクト]ダイアログ 図5 [新規プロジェクト]ダイアログ

2.[Spring Project]を選択して[次へ(N)]ボタンを押下する

3.[新規Springプロジェクト]ダイアログにて、プロジェクト名を入力。構成ファイルに使用する拡張子のリストをカンマ区切りで設定できる。そのほか、Javaソースを格納するフォルダ、Classファイルを格納する出力フォルダを決定し、[終了(F)]ボタンをクリック

図6 [新規Springプロジェクト]ダイアログ 図6 [新規Springプロジェクト]ダイアログ

Springプロジェクト・ネイチャーを追加する

 次に、Spring IDEを使わずに作成した既存のEclipseプロジェクトに対してSpring IDE用の設定を追加する方法を紹介します。作成済みのEclipseプロジェクトをSpring IDEに設定するには[Springプロジェクト・ネイチャーの追加]を行います。

  1. Eclipseの[リソースエクスプローラー]または[パッケージエクスプローラー]でプロジェクトのノードを選択する
  2. コンテキストメニュー(右クリックメニュー)の[Springプロジェクト・ネイチャーの追加(N)]を選択する

 Springプロジェクト・ネイチャーの追加以降、このプロジェクトのノードアイコンの右上に「S」という修飾文字が記されます。

図7 Spring IDEによるプロジェクトノードアイコンの修飾文字 図7 Spring IDEによるプロジェクトノードアイコンの修飾文字

Springの構成ファイルを追加する

 Spring IDEでSpringを利用するためには、Springが提供する構成ファイル(XML)を認識させる必要があります。以下でSpringの構成ファイルを新規作成する場合の手順と、すでに作成済みの構成ファイルをSpring IDEに認識させる場合の手順を紹介します。

 Springの構成ファイルを新規作成してSpring IDEに認識させる場合は、[ファイル(F)]→[新規(N)]→[その他(O)]と選択し、[ウィザードを選択]のダイアログ(図8)を開きます。

図8 [ウィザードを選択]ダイアログ 図8 [ウィザードを選択]ダイアログ

 一覧の中から[Spring]→[Spring Bean Definition]を選択し、[New Spring BeanDefinition file]ダイアログ(図9)を開きます。このダイアログで、ファイルを作成するフォルダおよび作成するファイル名を入力します(例では、「application.xml」とします)。

図9 [New Spring Bean Definition file]ダイアログ その1 図9 [New Spring Bean Definition file]ダイアログ その1

 [次へ]ボタンを押下すると、Spring 2.0で新たにサポートするようになったXml Schemaのネームスペースを選択する画面が表示されます。Spring 2.0のXml Schemaサポートについては、後述します。

 ここでは、何も選択せずに、[終了]ボタンを押下します。

図10 [New Spring Bean Definition file]ダイアログ その2 図10 [New Spring Bean Definition file]ダイアログ その2

 終了すると、application.xmlファイルが作成されます。[パッケージエクスプローラー]上のapplication.xmlのアイコンには、Spring IDEが認識していることを示す「S」という小さな修飾文字が表示されます。

図11 Spring構成ファイルの作成完了 図11 Spring構成ファイルの作成完了

 以上で、構成ファイルの作成は終了です。

 これによって、Springの構成ファイルに対して、ファイル分割機能静的検証機能や、グラフィカル表示機能補完機能が利用可能となります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。