連載
» 2007年11月20日 00時00分 公開

OpenIDの仕様と技術(4):OpenIDをとりまくセキュリティ上の脅威とその対策 (3/3)

[山口徹,サイボウズ・ラボ株式会社]
前のページへ 1|2|3       

なりすましは可能か——OpenIDとリプレイ攻撃

 次にリプレイ攻撃(Replay Attack)について触れます。リプレイ攻撃とは簡単に説明すると、「パスワードや暗号鍵、あるいは認証済みのセッションデータなどを再利用してそのユーザーになりすます攻撃」といえます。OpenIDでもこのような攻撃が可能でしょうか?——答えは可能です。

 id_resモードによってIdPからUserAgentを介してConsumerに渡される認証結果文字列を再度利用することによりConsumerサイトにおいてそのユーザーとして認可されてしまうでしょう。

 これはちょっとしたConsumer側の対策で簡単に防ぐことができます。OpenIDの認証トランザクションが開始する際にConsumer側で独自のnonce(ハッシュを用いたなりすまし防止のためのランダムな文字列)をエンドユーザーに対して発行します。このnonceはユーザーのUserAgentに対してCookieやあるいはSessionデータとして保存しておきます。またこのnonceは有効期限付きでConsumer側のデータベースなどで保存しておきます。

図5 nonceを利用したリプレイ攻撃の対策 図5 nonceを利用したリプレイ攻撃の対策

 ユーザーがリダイレクションによってConsumerサイトに戻ってきた場合に、このnonceをユーザーが持っているかどうか確認し、持っていた場合は、データベース上のnonceと照合して、正しい値の場合のみ認可を行えばよいのです。正しい値の場合は後始末としてnonceをデータベースから削除します。つまりこのnonceはワンタイムな値ということです。

IdPをどう評価すべきか? OpenIDにおけるReputation問題

 最後にセキュリティ関連の締めくくりとしてReputation問題について触れます。Reputationは評判とか評価といった意味でIdPの評価をどのように行うべきかという話です。

 評価指標として諸説がありますが、次のような点が目安になるでしょう。

  • IdPを運営してきた実績
  • 認証フォームに対するヘルプ機能
  • httpsへの対応
  • アカウントのリカバリ機能の充実
  • プライバシーポリシーの内容
  • スパム、セキュリティ対策
  • Attribute Exchange(AX)への対応
  • Provider Authentication Policy Extension(PAPE)への対応
  • アカウント登録手続きの内容

 IdPのWebアプリケーションとしての機能に関する項目は、特にアカウントに対する扱いがメインです。アカウントのリカバリ機能の充実は単純なパスワードを忘れたなどだけでなく、アタックを受けた際にあるしきい値を持ってアカウントの凍結が必要ですが、この凍結されたアカウントに対するリカバリを本当のユーザーに対して提供する必要があるでしょう。

 アカウント登録手続きに関しては先ほど述べたようにパスワードの強度を高める工夫であったり、ユーザーごとの認証ページにユーザーがフィッシングでないと確かめられるようなデータを表示させる仕組みを取り入れたりといったことが挙げられるでしょう。

 AOLは許可するIdPをホワイトリスト形式で指定しています。OpenIDの概念から考えると悲しいですが、これが現実的な解なのかもしれません。

 Consumerサイト、あるいはIdPそのもの、いずれにせよここまで述べてきたセキュリティ対策はしっかり行い、特にIdPの場合はReputationの高いIdPになるよう努力を怠ってはいけません。常にセキュリティ関連の動向は最新の情報を追って、対策するようにしていきましょう。OpenIDのセキュリティに関する最新の動向を知りたい方はOpenIDのセキュリティ関連のMLに加入すると良いでしょう。

Profile

サイボウズ・ラボ株式会社

山口 徹(やまぐち とおる)

サイボウズ・ラボ株式会社のプログラマー。

バーテンダーからIT業界に転身後、様々なWeb制作を行い、大規模コミュニティサイトの開発・運用を経て、現在は研究開発の日々。Perl使い。

Perlを中心とした開発のノウハウやネタをShibuya Perl Mongersのイベント等で発表するなど講演活動も行う。

個人の開発日記は「Yet Another Hackadelic」、仕事のブログは「log4ZIGOROu



前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。